需要

2016年釣り納めは大チカ釣り!

IMGP5172.jpg

2017年が明けました!

皆様、あけましておめでとうございます。
今年は昨年末に行けなかった分、

取り戻す勢いで釣りに行きたいと思います!
週末、平日問わず、行っちゃいますよ~!!!

さて、年末年始は最低でも2回は
釣りに行こうと考えておりました。

まずは、天気予報や用事を睨みつつ、
いつ行けるかなと考えてましたが、

31日朝マズメに行けそうな気配でございました。

ただし、波の感じがあまりよろしくないんですね。
日本海で小サクラが今年はよさげな感じ

なので視野に入れてましたが、
波が無理っぽい感じ・・・。

釣り新聞を隅から隅まで眺めておりましたが、
太平洋のえりも方面で

あまりこの時期も釣る機会もないので、
行ってみようと考えるも

新聞見てるとあまり情報も無いんですね・・・。

噴火湾のカレイもイマイチだし、
ニシンもなんかパッとした情報もないしな・・・。

美国でなぜかマイワシが釣れてる情報が
掲載されてましたが、

外した時に何も釣れない感じがして、
ちょいと考え直します・・・。

ホッケ用で買ってあった、
オキアミも冷凍庫に入ったままで

カミさんに邪魔者扱いにされてるし、
サビキでなんか釣ることで予定を絞ります。

よし!近いし確実な苫小牧東港で狙おう!
あそこなら、何か変わった魚も

ひょっとしたらあり得るし、
ルアーでアメマスも狙えるしな。

何より高速で家から2時間もあれば着くので、
時間的に効率もいいしね。

天候も調べると晴れ出し、
ファンス前なら東港のどん詰まりなので

波も大丈夫そうだ。

なんせ久々にまともな釣りなので、
目覚ましが鳴る前に目が覚めちゃいます(^_^;)

夜明け前に現地到着目指して、
高速を車で走ります。

さすがに時間帯のせいもありますが、
車が少ないですね。

夜中、立ち寄った輪厚のジャンクションなんか、
他に車1台しか止まってませんでしたからね。

割とゆっくり目に走りましたが、
目的のフェンス前には6時半前には到着でございます。

IMGP5173.jpg

IMGP5166.jpg

フェンスが切れたあたりから、
6、7人がサビキ釣りの真っ最中ですね。

端っこに車を止めて様子みてますが、
あまり釣れてる様子が無いんですね(^_^;)

やべ、選択誤ったべが・・・。
脳裏をかすめますが、ぽつーら、ぽつーら

釣れてる感じではあります。しかも魚体が割と大きめです。

ニシンじゃないし、大チカあたりかな~。
その様子を眺めつつも準備始めます。

前の日に解凍してあった、オキアミをエサ付け器にセットし、
竿を支えるロッドホルダーもセットし、

竿は4mの磯竿一本です。

サビキはまだ薄暗いので、
蓄光スキンサビキ5号からまずはスタートです。

DSC_2047.jpg

コマセも撒きつつ様子を見ますが、
お隣が3本竿を出して、見てると時々穂先が

刺さり込んでヒットしてるんですね。
まぁ3本出せば俺よりはペースはいいっしょ。

さらに奥を見てると、
来た時よりはペースは上がってる感じでっすね。

あれ?俺の竿にヒットしないわ(^_^;)

そこで、サバ皮3号サビキもつけて2連結にします。

もちろんオキアミは擦りますが、
擦って放置せず、サビいて誘いもしますが、

中々ヒットしないのね(^_^;)
それでもようやくダブルで20センチ近いチカがヒットです。

IMGP5170.jpg

IMGP5171.jpg

それからポツポツですが、あたりも増え始めます。
置き竿よりも誘ってヒットする感じでございますね。

周りも来た時よりは釣れ始めてきてますね。

後から思えばあたりが集中した、
朝マズメに真剣にやってれば数は伸ばせたと思いますが、

写真を撮ったり、
サビキを変えたりしてたら1時間ほどであたりが遠のきます。

しかし、やはりお隣を観察してると、
ペースこそ落ちるものの釣れ続けてるんですね。

そこでサビキを素針にしてみたり、
おとりのミラーを付けてみたり、

錘を軽くしてみたり、ブラーにしてみたりしますが、
その後、ヒットが無いんですね・・・。

IMGP5174.jpg
▲お日様も出てきました。

おそらく、食い込みのいい、
細い竿だったので、全て置き竿でヒットしてます。

一方、私は全て誘って、あたりを取って
ヒットしてましたから、

竿が一因だったかもしれませんね。
食い気のある時間帯なら、良かったけど、

食い気がなくなってきたら
食い込みがいい竿にはかないませんね。

何も考えないで万能磯竿持ってきてましたから(^_^;)

という訳で、8時を待たずして、
お隣も含めた周りもほぼ釣れなくなったので、

IMGP5175.jpg

結果7匹で終漁といたしました。
釣れてればお昼ぐらいまでやってようと思いましたが、

釣れないと、居てもしょうがないですからね。

チカは大きかったので刺身で頂きましたが、
これが中々甘くて美味しいんですね。

IMGP5176.jpg

考えてみたら、チカを刺身にしたの
初めてじゃないべか。


スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  苫小牧  チカ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

今週は釣りはお休みかな・・・。

沿岸波浪モデル予想(気象庁発表)
▲週末はこんな感じでしたね・・・。

今週は天気も悪くよっぽど釣りを休もうかと
思ってましたが、探せば場所はありますね。

本当はホッケが釣りたかったのですが、
どうも週末になると天気が悪い・・・。

日本海は大荒れの天気。
東積丹側でマメイカかサビキで小物でもとも
考えましたが風が強そうであずましくなさそうです。

ならば噴火湾なら釣りになるかも!

予報見ると苫小牧あたりなら風も弱そうだし
天気もよさそうな感じ・・・。

そこで今週もtuu.(ツウ)さんをお誘いして
苫小牧に向かいます。

釣り新聞見ると西港ではチカとニシンが、
東港ではチカとサヨリが釣れてるようですね。

車中で相談しながらまずは西港へ向かいます。
勇払埠頭に着いてみるも釣り人が少ない・・・。

薄明るくなってきた時間帯でしたが、
投げ釣り組が多く、サビキ釣り組みが少ない・・・。

様子を見てると釣れてる感じがしない(^_^;)

しかも風波でしょうか、海面がうねうねと
うねってますね・・・。

やばい、もしや・・・。
嫌な予感がするもネットで情報を探してると

中央南埠頭でチカとニシンを釣ってる記事を
tuu.(ツウ)さんが発見します。

よし、中央南に移動してみよう。

IMGP4175_2015120706304086d.jpg

すると風の方向からか波が静かです。
数人のサビキ釣り師が居ましたが、

釣れてる様子がないんですね・・・。

しかし移動しても時間も、もったいないので
竿を出すことにします。

IMGP4177.jpg

コマセ用意して海水汲んで、
竿立て立てて、車止めにロッドホルダー
セットして・・・。

しかしサビキ釣りは用意が多いっす(^_^;)

サビキはスバリの3号にオキアミ擦って
海面に落とします。

IMGP4179.jpg

大型船が入る漁港だけあってかなり深いですね。
底付近から探ってみます。

すると心配もなんのそので、
すぐにツンツン穂先が揺れます。

IMGP4176.jpg
▲最初に釣れたのは小ガヤ(^_^;)

一回に何匹も掛かりはしないのですが、
擦って落とせばチカは掛かってきます。

しかもたまにですが20センチ以上もある
チカも掛かってくるんですね。

合わせて悩ませてくれたのが、
「小ガヤ」なんです。

5、6センチほどのガヤの稚魚が3回に一回は
かかってくる感じでございますね(^_^;)

IMGP4180.jpg
▲鯉のぼり状態の小ガヤ

4、5匹一回で掛かることもありましたから。

タナも底付近、中層付近、色々と試すも
どの棚でもチカもガヤもあたって来ましたが

喰いが浅くてあたりがあっても、着いてないとか
抜き上げる時に落ちたりとか、結構ありますね。

手返し良かったのは、ロッドホルダーに固定せず、
手持ちにして、表層付近で泳いでる

チカをアタリがあったらすぐに上げると
数も掛かるし、バラシも少ない感じでしたね。

そこから数も伸び始め、
平均10センチほどのチカを中心に
気が付けば3時間ほどで97匹も釣っておりました(^_^;)

IMGP4183.jpg

小ニシンも少々混じっておりました。

裁くのも大変なので、後片付けをして終漁とします。
そして午前中には家に帰ることができました。

苫小牧は高速で行くと近くていいっすね。

調理はもちろん天ぷらでいただきました。
小さいながらも頭落として、

内蔵を出して、大きいのは三枚おろしで
中骨を取ります。

DSC_1256.jpg

小ニシンも面倒なので一緒に天ぷらです。

天つゆに大根おろしとしょうがを入れて頂きました。
うまいっすね。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  苫小牧  チカ 

[edit]

PAGE TOP

大サバまだいるかな??

IMGP4131.jpg

前回の室蘭釣行で大サバ一匹しか釣れず、
悶々としておりました(笑)

あの強烈な引きはたまらんですね。
つい勢い余って大サバ用兼食い渋り鮭用の

磯竿も購入してしまってました。
まだまだ、釣りたぁ~~~い。

しかも道新夕刊に室蘭で大サバ50~100匹!
なんて記事も出てるものですから、

もう、行きたくって、行きたくってね。

そこで、すでにシーズン終わりだと思ってましたが、
天気予報など見ても日本海側は

厳しかったので、再び大サバ狙いで室蘭
向かってみます。

釣れなくても大チカが釣れてるようなので、
大チカ釣れればいいかなぐらいの気持ちです。

そして病み上がりの釣友S氏をお誘いして
日曜日の早朝目指して向かいます。

前回の釣行でジモティー釣り師から
崎守の方がカジカもサバもいいよ!

なんて聞いてたものですから、
一応カジカも視野に入れながらの釣行です。

初めに第二埠頭覗きながら向かうと・・・。
あれれ・・・。どん詰りポイント

だ~~れもいません(^_^;)
やはりサバは終わったのか・・・。

ところが薄暗い中、先端に準備中の
釣り師が数組待機中でございます。

様子見てると明るくなるのを待ってる感じです。
波がかなり港内でも高く、風も強めですね・・・。

崎守の方が外海に近いし、
あまり釣ったこともないので崎守向かいます。

こちらでも数組が待機中です。
少し様子みながら、一応準備開始です。

前回、小樽のホーマックで買ったロッドホルダー
付き竿立てと、オキアミ擦り機も準備です。

IMGP4130.jpg

しっかしサビキ釣りって道具多くなっちゃうのよね(^_^;)
準備始めてコマセ撒いて、オキアミ擦って

さて、サバを待ちます。
竿も5.4mと4.5mの竿を二本使用します。

S氏は車で寝ています(笑)

周りもぽつらぽつら釣り人がサビキ釣り
始めますが全然釣れまへんのよね・・・。

IMGP4132.jpg

風も強くて気温も高くなる予報でしたが
体感温度はかなり低いです・・・。

IMGP4136.jpg
室蘭名物、小ガヤ・・。

風も強いです。つ、ツレネ・・・(^_^;)

ここまで釣れないなら第二埠頭へ戻ることにします。
着いて様子見てると釣り人もかなり増えてて、

しかも左角中心にかなり大きなチカ釣れてます!
よしここで再開しましょう!

結局、最初に様子を見た第二埠頭でじっくり狙います。
S氏はやっぱり車で寝てます(笑)

見てるとやっぱり左角が一番多く釣れており、
離れるにしたがってあまり釣れてません。

IMGP4138.jpg

少し左側で下がったところから
同じく二本の竿で狙います。

オキアミ擦ってサビキ落とすとすぐにあたりが
ありますね。ポツポツですが両方の竿に掛かります。

タナはかなり上の方です。
ジモティー釣り師見てるとリールなしの

長竿の人が釣果重ねてます。
サビキはワカサギ用のすバリが良かったですね。

ただ、ポイントのせいなのか、ダブルやトリプルで
釣れることが少なかったです。

左角の釣り師は常にダブル、トリプルでしたからね。
それでも15センチほどの大チカが3に対して

10センチ以下のチカが2って感じで釣れてきます。
そのうちS氏も目覚めて参戦しますが、

時間の経過とともにだんだんとペース落ちますね。
3時間ほどで30匹超えましたかね。

IMGP4139.jpg

まあ家族4人の一食分にはなりますね。
サイズも大きいので食いごたえもありそうです。

今回も色々とサビキ試しましたが、
すバリにオキアミ擦るパターンが良かったです。

IMGP4140.jpg

そして11時過ぎには終漁でございます。
そして一回は入ってみたかった、

絵鞆にある温泉ゆららで冷えた体温めて帰ります。
露天や食堂もありますが、

IMGP4141.jpg

無色透明な温泉です。一応温泉でございました。
食堂もホームページ見ましたがメニュー豊富そうだったので

気になってましたが、S氏が醤油ラーメ450円、
私が牛丼500円食べましたが・・・。

多くを語りません(^_^;)

さて、11月に入っちゃいました。
小物はこのぐらいにして、今週からは狙い変えます!

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  室蘭  大チカ 

[edit]

PAGE TOP

樽川埠頭でニシン&チカ釣り

IMGP3346.jpg

ついに12月に入っちゃいましたね。
釣具店にはぼちぼちワカサギ用品も並び始めてます。

気温もぐっと下がり札幌市内も積雪となりました。

釣り新聞をみると、
まだまだホッケ大盛況のようですが、

記事見ると日本海でソウハチの
便りも聞かれ始めてますね。

イカもヤリイカが入り始め、初冬のハイシーズンと
いったところです。

動向が気になるのが釣れ始めてはいるものの
まだまだ小ぶりなニシンです。

家が近いところもあり、石狩湾新港の様子ちょくちょく
見に行ってるのですが、

昨年も確か釣れてた20~30センチほどのニシン
中々釣れてないんですね。

うかうかするとコマイも釣れ始める頃ですが・・・。

そんな状況ですが、
流石に12月ともなると天候が安定しない。

今週は用事も重なり完全休釣日にしようかと
思ってましたが、土曜の午前中に少し時間があったので

樽川埠頭覗くとやはり小ニシンしか釣れてません。
ところが数人のバケツ覗くと30センチ近い

ニシンをゲットしてる釣り人が二人ほどいました。

一匹づつではありますが、一人の釣り人と話をすると
朝マズメ、夕マズメには大きいのが上がるとのこと。

そんな話を聞くと、やはり来たくなっちゃいますよね(笑)

そこで短時間フィッシングの夕マズメ2~3時間なら
時間作れそうだったので、用事は片付け樽川埠頭向かいます。

釣り人も右側に集中してるものの
左側は少し空きスペースがあります。

磯竿3号4.5mにグリースキンサビキ7号、
錘は蛍光グリーンの6号でサビキ釣り開始です。

IMGP3348.jpg

入れた直後から小さなあたりはありますが、
かなり小さなカタクチイワシっぽいのが掛かりますね。

そんなのはロッド揺さぶってオートリリースですね。

とにかく寒いので時々車に戻って暖を取りますが、
雪こそ降ってないものの外気温はマイナス4度です。

DSC_0314.jpg

寒いわけです・・・。

車から出たり入ったりしながら釣りしてると、
そのうち、少しまともなサイズが掛かり始めます。

IMGP3349.jpg

IMGP3350.jpg

ニシンチカが半々ぐらいの感じですね。

日暮れが近づくと一匹、二匹程度ですが、
入れ掛かり状態ですね。

今年はチカもまともに釣れなかったので、
いい感じで釣れてきます。

手袋も防寒手袋してますがとにかく寒いです。

風がないのが幸いでしたが、
30分も外にいられない感じです。

キャップライトが必要なぐらい日も暮れましたが、
暮れてくるとペースが落ちてきます。

IMGP3351.jpg

数もそこそこ釣れたし、
そのうち寒さに耐え切れなくなったので

1時間半程しかしてませんでしたが、
終漁と言うことにいたします。

IMGP3353.jpg

IMGP3354.jpg

うーさむかったぁー・・・。
本当は小樽あたりでイカも行きたかったところですが。

今日いってくるかな・・・(笑)

いま、外見るとかなり吹雪いてますね・・・。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ニシン  チカ  樽川埠頭 

[edit]

PAGE TOP

釣り納め。小樽港ニシン狙い。



今年の釣り納めに行ってまいりました!

振り返れば、今年も釣り残した釣り物もいっぱいでございます。

釣れる時期と休みと天候が合わないと釣れませんからね。

波風の条件が良くても魚が居なければ釣れない。

魚が居ても休みが合わないと釣れない。

釣れる時期が重なってしまい片方の魚が釣れないetc。

一番悔いが残るのはハチガラ釣りがまともにできなかったのと、
やっぱり後半に北海道の釣りやノースアングラーズで知った

「遠投ロックフィッシュ」スタイルでしょうか。
あ、小樽ボートロックもそうだ・・・。

来年こそはこの二つは制覇したいと思います。
小樽ボートロックは真冬でも行けるのかな???

そんな中、一番うれしかったのは小幌の「ヒラメ」ですね。
今年釣った3枚のヒラメの中では一番小さかったのですが、

苦節3年。ヒラメが釣れはずの小幌に皆で通い始め、
やっと釣れたヒラメ。しかも釣れるのではないかと考えた

メソッドで釣れたのが何よりも嬉しかったな?。
思わず大声で「やったぁー」って叫んじゃいましたからね(笑)

と言うわけで小樽のニシン狙いです。



ニシン関連商品
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ