需要

ショアヒラメーシーズン開幕!

IMGP7096.jpg

今年もショアヒラメ開幕しましたね~
ってとっくにですかね?(笑)

実は5月の一週目にカレイをやってた時に
サクラ狙いのアングラーさんに

ヒラメが掛かったの目撃してたんですよね~。

それから二回ほど通ったのですが、
どうも条件が悪くて、波が高かったり、

風が強かったりですぐに撤収したりしてました。

どうも気持ちばかり先行して
釣果に恵まれなかった訳でございます。

そこで今回は天気予報を見計らって
波のない日に出撃でございます。

札幌を夜中の一時に出ましたが、
明るくなるの早くなりましたね~

暗いうちに磯場に入りたかったのですが、
到着時は既に薄明るく・・・。(^_^;)

IMGP7097.jpg

IMGP7098.jpg
△共に帰りに撮影

で、先行者も4名ほどおりましたが、
入るスペースは十分にありそうです。

早く準備をしないと地合が来ちゃう~~

まずはジグをキャストしますが、
反応がない・・・。

焦る・・・。

あ、離れたところで先行者ヒット!!

え~な~(笑)

あ、今度は別のアングラーさんへもヒット!

おー地合が来たか!

お隣にもヒット!

おーーーーーー
地合いだ、地合いだ、地合いだ、地合いだ~~~

アニマル浜口の気合だ!風(笑)

そして、俺にもヒット!よっしゃ~~~~

でも、なんかめっちゃかる~~

IMGP7095.jpg

その後・・・・誰のロッドも曲がることはなく・・・。

地合いだ、地合いだ、地合いだ、地合いだ~~~は
一瞬のうちに通りすぎてしまいました。(;_;)

先行者もすぐに帰ってしまいました。

しばらくはワームを通したり、
ルアーを変えたり、ポイント変えてりもしますが

何もヒットせずです・・・(;_;)

投げ釣りのお爺さんが一人居ましたが、
昨晩に50センチほどのヒラメ

ミノーで掛けたと言ってましたので、
朝の一瞬意外にも、日中や夕まず目、

夜中なんかも釣れると思うんですけどね。

朝はとにかく一瞬で終わっちゃいます。

リリースサイズかと思いましたが
かろうじて37センチと

初物なのでキープさせて頂きました。
溜まりに入れておいたら

IMGP7094.jpg

コウナゴ吐き出してましたね。

IMGP7093.jpg

さ、帰ろう。
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  ヒラメ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

天塩港でマガレイ狙い!

IMGP7088.jpg
天塩港、一本防波堤から眺める朝焼け

天塩港マガレイの爆釣れって
一度、体験してみたかったんですよね~。

例年、5月の末ぐらいからの
2週間ぐらいかだと思いましたが、

今回は私より先に「脱サラ」した釣友S氏が
札幌に仕事で帰ってきており、

マガレイ釣りたいという要望があって
行ってみることにしたのですが・・・。

ちょっと遅くね??(^_^;)

当初は日曜に計画してたのですが、
悪天候で火曜日に変更しました。

釣り新にも記事が出たましたが、
掲載されたのが2週間前。

遅いべさ・・・。

ただ、S氏「磯は嫌なんだよね・・・」

実はマガレイの遅場って意外とあって、
今週の釣り新にも出ていた鵜泊漁港とか、

島牧の大平の磯とか、寿都の軍歌岩とか
雷電海岸の刀掛けあたりも遅いですよね。

磯に行きませんか?とお誘いしたものの
確かに以前よりは年齢行って足腰弱ってるから

S氏が事故になっても嫌だし・・・。

ちょうど噴火湾にボートフィッシングに
出かけていたhojoさん達に合流する手も

魚だけ考えればあったんだけど・・・
「投げ釣りしたいんだよね・・・」

って言うもんですから・・・。
(ワガママ言うものですから (^_^;))

俺はどうせ暇だし、天塩まで行ってみましょう!
という事で決まりましたが、

天塩方面の海岸線は大きな街がなくって
意外と早く着くし、

エコドライブで走ると信号少ないものだから
燃費も伸びる、伸びる。

リッター13キロ超えましたね。

まぁ、場所のロケハンできたのは収穫としましょう。

現地に向かったのは前日の夕方でございます。

車中泊を数時間して、
朝マズメからスタートします。

暗い中での初めての場所も
難しいのですが、

なんとかナビを頼りに一本防波堤の
付け根だろうと思われるところで

寝酒飲んで仮眠を取ることにします。

そして、薄明るくなる頃には
車も数台止まってましたね。

ガイド見るとマガレイは6月って
書いてるから釣れないことないだろうけど・・・。

S氏を起こして、
薄暗い中、防波堤先端目指しますが、

IMGP7078.jpg
△車停めた場所はあってました。
ネットで検索した通り、付け根はゴミダメ・・・。

IMGP7080.jpg
△400mって書いてたけどそんなに大きくないです。

既に3組ほどが
外海側に投げ竿出しています。

中間ほどで二人並んで投げ竿セットします。

餌は塩イソメに、
パワーイソメで2本針の胴付仕掛けに

セットしてキャスト開始です。

IMGP7083.jpg

IMGP7090.jpg

先端側に居た釣り人と話すと、
昨夜は波が高く、竿を出せない状況だったとか。

波は収まってたものの、
少しうねりも残っており、少し濁りもありますね。

風も外側正面から軽くですが、
吹いています。

するとすぐにあたりがきました!
おっしゃ、マガレイまだ居たかな!

ただ、巻いてくると、引きがマガレイじゃ
ないっぽい(^_^;)

上がってきたのはグイウーさま・・・。

IMGP7081.jpg

投げなおすも、投げなおすも、

グイウー、グイウー、グイウー
グイウー、グイウー、グイウー
グイウー、グイウー、グイウー
天塩「春のグイウー祭り」(^_^;)


S氏もグイウーに苦労してます(^_^;)

少しするとやってきた釣り人みなさんも
グイウーばかりですね・・・。

そして、この一本防波堤、意外に浅いんですね。

すると遠くの釣り人に
カレイぽいのが掛かるのが見えます。

お、ここのマガレイはもしや
日が昇ってからだろうか???

するとグイウーじゃない感触の
魚がヒットします。

来たか!マガレイ!!!






























カワガレイでございます(^_^;)

IMGP7089.jpg

先端の釣り人の様子探りに行くと
やっぱりグイウー&カワガレイのみでございます。

S氏と顔を見合わせて・・・・・

「止めよ!」ってことで止めにします・・・。

これにて片道4時間、実釣時間2時間の
天塩港マガレイロケハン釣行は終漁となりました(;_;)

多分ですが、マガレイは終わっちゃたんでしょうね。

磯に行けば良かった(;_;)

あまり釣れてないので内容も薄くてスイマセン(笑)

IMGP7091.jpg
△港内側の感じです。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 天塩港  マガレイ  釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

ヒラメ狙いのはずが思わぬアブラコのラッシュ・・・。

IMGP7063.jpg

いつもヒラメが釣れる頃だな~
って思うのがこどもの運動会なんですよね。

運動会があると釣れる頃だなって
思い出させてくれるんですよね。

そんな息子も5年生になりましたから
来年で終わりなんですけどね。

我が家は上の子と下の子がちょうど
10歳離れてるので

幼稚園も含めると途切れませんでしたけど、
ついに来年で終わりになります。

なんか寂しくなるな~。

という訳で今年のショアヒラメ
どうなんでしょうね。

船では既に釣れてるようだし、
実は5月の1週目のカレイ釣り

やってた頃にサクラマス狙いの
釣り人にヒラメが掛かったのを

目撃してから、
数度狙いに行ってたんですよね。

波風が強くてダメでしたが、
流石に5月の後半にもなると

波風落ち着く日も多くなるので
条件のいい日を狙いすましておりました。

そして波風落ち着いた火曜日に
神恵内のポン茂岩にヒラメ狙いに行きました。

最近は更新も遅くて申し訳ございませんm(_)m
といっても、最近はアクセスも伸びないので

更新意欲も中々湧きません(^_^;)

でも、せっせと書きますよ!

夜明け頃目指して車走らせますが、
天気も良かったので

お月様がまんまるで大潮だったんですね。

そして、ちょうど薄明るくなる頃には
磯場に立ちます。

IMGP7067.jpg

まずはスプーンにオフセットフック
付けたスプーンメソッドにガルプの

パルスワーム4インチを付けます。

このスプーンにワームの組み合わせって、
アブラコにものすごい反応がいいんですよね。

一投目から着底すると、
ツンツンあたりがあります。

誘いもボトム付近を巻くだけなので
かなり楽でございますね。

しかも根掛かりしにくいので良いのですが、
ヒラメが居てもなんかアブラコが喰って来て

ヒラメが釣れないのでわって考えちゃいます。
それぐらいアブラコに反応が良いんですよね(^_^;)

ハイ、一匹目!ガツンと来ました!
ヒラメかな?アブかな?

首振りなのでアブラコと確信です(^_^;)

IMGP7068.jpg

中々の体高ですね~いわゆるロケットアブ(^_^;)

数投すると一匹目より
あきらかに重たいアブがヒットします。

掛かっても残念ながらアブラコと確信できます。
ハイ、46センチほどの良型でございますね。

IMGP7069.jpg

あたりも投げるたびあるのですが、
ワームも柔らかいせいか、

ちぎれちゃうのと、針が大きいかなと
言う感じもしたので小型に変えてみます。

ハイ、3匹目のアブラコです(^_^;)
あたりがあっても乗らないのは小型でしたね。

IMGP7070.jpg

しかしワームの消耗激しいわ~~(;_;)

ハイ、4匹目!だんだん小型になるわ・・・。

IMGP7071.jpg

そこでジグにチェンジして投げ直しますが、
これがまったくあたりがないです(^_^;)

アブラコも引きが強いので楽しいんですが、
肝心のヒラメが釣れませぬ・・・。

IMGP7072.jpg

IMGP7073.jpg

そこで磯場もほぼ貸切でしたので、
少し移動を試みます。

しかし、移動した先がまったく
反応ナッシングなのでございます。

アブラコも一箇所に溜まってたんだろうか・・・。
スプーンリグ投げても

ジグを投げても反応がございません。

そこで、最初のポイントに戻ると、
一投目で今度はホッケ。

IMGP7074.jpg

まだ、ホッケ居たんだ・・・。

続けて投げると連荘で小型のアブラコが掛かります。

もう、アブラコいいんですけど・・・。

すると足元で43センチほどの良型も掛かります。
今日は完全にアブラコdayでございます(^_^;)

IMGP7075.jpg

天気もよくお日様が磯場を照らす頃には
日焼けも嫌だったので終漁とします。

それでも3時間ほど粘りましたが、
大小含めてアブラコ7、8匹は釣れたでしょうか。

こんなにアブラコ釣れたの
たぶん初めてですね。

さ、次こそヒラメを釣りたいな。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: アブラコ  釣り  ヒラメ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

石狩沖でボートフィッシング!

IMGP7046.jpg

沖と言うほど沖ではないのですが、
先週の花川飲み会の時に

石狩の赤い狼A船長にボートフィッシング
のお誘いを受けておりました。

過去に何人かは乗ったことがあったようですが、
今回私は初めてでございます。

以前に随分とアーティクル号に
お世話になった際にはマイボートでの

釣りは体験させて頂いておりましたが、
石狩の赤い狼A船長のボート

アーティクル号よりかなり小型でございます。
それよりまだ前に実はヒラメのいくさんが

ボートを所有してた時期があって、
大きさ的には同じ感じでしょうか。

なので、勝手はなんとなく分かっておりました。

ま、あとは釣れるか釣れないかでございますが(^_^;)

狙いの獲物でございますが、
タコとヒラメでございます。

聞く所によると石狩はタコに漁業権が
設定されておらず、釣っても良いらしいんですよね。

ただ、船長によると沖堤の中だけらしいですが・・・。
ちょっと自分で調べてないので

情報は不確実でございますが・・・。

まずは、OKという前提でタコ狙いからです。

ボートを牽引して、
東埠頭の砂浜から下ろします。

IMGP7045.jpg

IMGP7044.jpg

船長の操縦でポイント目指します。
走ること10分も掛かりません。

テンヤ仕掛けに秋刀魚つけて、
スタートフィッシングでございます。

仕掛けを持っていなかったので
船長にお借りしました。

予報は波も風も弱い感じでしたが、
ボートで出てみると意外に風が強いのと

風の向きで港内は波が少したっています。
アンカー入れないと沖防波堤側に流されちゃいます。

さーて釣れるべかね~
ボトム付近をちょんちょん探って誘います。

IMGP7048.jpg

何も変化が起こらない
時間だけが過ぎゆきます・・・。

ツレネ(;_;)

流石に飽きるのでワームを防波堤の
際に投げるとツンツンあたります(^_^;)

小マゾイに小ゾイヒットでございます(^_^;)
流石にもうのっこみは居ないでしょうから

IMGP7047.jpg

IMGP7049.jpg

日中だと流石にこんな感じですね・・・。

まったく釣れないので、
ポイントも少しづつ移動を繰り返します。

でも、釣れません(^_^;)

次に沖防から離れて、
西防砂提側へ移動します。

やはり、釣れません・・・。

流石に飽きますね(^_^;)

じゃ、タコ諦めてヒラメ狙いにしましょうか
という事で早々に新川沖へ移動します。

水深は18、9m地点でございます。
船長いわく前回来た時より刺し網が

かなり増えてるとのことでございます。
いやーな予感でございますね(^_^;)

まずはカルディバの激闘ジグの40gで
底を狙います。

ここでシーアンカー登場しますが、
見事効いて底取れますよね。便利なもんです。

IMGP7051.jpg
△かもめが餌をねだりにやってきます。

そして少しづづではありますが
流されてるとも思いますので、

まっすぐ底付近を叩いてると、
小さなあたりを感じます。

うりゃ~と合わせると、
何回目かにヒットしました!

なんだ、なんだ、釣れたのなんだ!
「タモいりますか?」と船長に声を

掛けられますが、どうもタモがいるほど
大きくなさそうです・・・。

IMGP7053.jpg
△現場で写真撮るの忘れました・・・。

抜き上げるとなんと釣り人生二度目の魚種、
「カナガシラ」が釣れました。

船長は初めて見たと言ってましたね~。
前回は何年か前に岩内の沖防波堤で

釣れたことがありました。

一方、船長はオオナゴ餌で
バケを振ってますが、こちらもヒット無しです。

IMGP7050.jpg
△こいつまどこにでも居ますね・・・。

何度かボートを移動させますが、
ヒラメは顔を見せてくれませんね~。

最後に新川河口10mラインまで移動しますが、
やっぱりヒットなしでございます。

タコさん、ヒラメさんは
お留守のようでございました(;_;)

気が付くと風も強く、
波も小型のボートではきつい感じです。

最後にまた西防砂提あたりで
狙ってみますかとなりましたが、

向かうとかなり波もキツめだったので
やっぱやめましょう~

IMGP7052.jpg
△船長も波を被って苦労してます・・・。

という事で終漁でございます。

もう、帰りは波かぶりで、波かぶりで・・・。

カナガシラの料理法調べると
なんでも行けそうだったので、

煮付けで頂きました~抱卵ものでしたね。

IMGP7056.jpg

船長はリベンジに燃えてたようでございます。

今年はヒラメもブリもなんか遅れ気味ですね。
次は何狙いに行こうかな~

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 石狩  釣り  ボート 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

寿都町の磯でカレイ釣り!

IMGP7033.jpg

カレイはもういいかな~
なんて思ってたのですが、

とある人からカレイが喰いたいので
カレイを差し入れなさい!

と、指令が入りまして・・・。(笑)

実は私が役員を務めるマルキユーの
投げ釣り大会がGWの最初の日曜日に
ございまして、

参加をしてそこが春の最後の
投げ釣りかな~

なんて思ってて参加をした訳ですが、
条件が昨年と同じく条件が思わしくなく

磯に入れることができずに、
取材や写真取りに徹底しておりました。

そこで優勝者がなんとも40オーバーの
カレイを二匹も釣っておりまして、

「もう一回カレイは行きないな!」とも
考えていたところでございました。

2018年マルキユー投げ釣り大会
△大会の模様はこちらです。

で、更新が遅くなりましたが、
天候を見つつ、9日に釣行を企てます。

当然日本海側を目指す訳ですが、
向かいながら二箇所にポイントを絞っておりました。

■釣友S氏が大爆釣した岩内の磯
     or
■昨年、ヒラメ狙いで目撃した寿都の磯

共にカレイの遅場ポイントでございます。
岩内の磯は何度も竿出してましたので

寿都の磯で狙うことにします。
だってね、6月でカレイが釣れてましたからね。

現地着はちょうど明るくなった
4時すぎでございます。

車が一台ありましたが、
目的の磯には入釣者はいないようです。

貸切の磯で実釣開始でございます。

途中、風もなかったのですが
弁慶岬交わすと風がそこそこありますね。

左からの風が強めに吹いてます。
ん~釣りにくいな・・・。

そして波もあります・・・。
釣れるんだろうか。

いつものように竿を2本だして、
自作の胴付仕掛けに

上バリにサンマを、下バリに塩イソメを
付けてホッケも期待しつつ

遠投を掛けて狙います!
やっぱり投げは投げでキャストして

待つのも楽しいんですよね~~

IMGP7027.jpg

居ればすぐにあたりは来るんでしょうけど、
あたりが無いんですよね・・・。(^_^;)

釣れるんだべか?焦る・・・。

餌も大会で残ったものを持ってきてたので、
少なめでございます。

一応、保険でマルキユーの
パワーイソメも持参してきましたが。

波で穂先が揺れてあたりも取りにくいというか
あたりかどうか分からないぐらい揺れる(^_^;)

メインラインもPEにしたせいか、
フケまくるんですよね~

IMGP7032.jpg

ナイロンにすれば良かったかな・・・。
大きさにもよるけど5匹も釣れれば
満足なんですけどね。

と、最初の一匹は一時間ほどで来ました!
30センチにみたないぐらいのマガレイ!

IMGP7034.jpg

カレイは居るね~。良かった、良かった。

塩イソメに食いついて来ました。
そこでサンマをやめてすべての針を
塩イソメにチェンジします。

ちょっと餌が足りないかもしれん・・・。
と言うか塩イソメの出来が悪く

使えるものが少ない(^_^;)

時々サビキながら誘うんですが、
あたりは次から次とは行きませんね~。

そこで餌交換のタイミングで
パワーイソメの極太イソメカラーを
付けて投げ直します。

やっぱりエサ持ちがいいですね。
サビいても、サビいても、やっぱ取れにくいです。

するとそのパワーイソメで
30オーバーのマガレイが釣れました。

IMGP7035.jpg

釣れるじゃんパワーイソメ!
そこですべての針をパワーイソメに変更します。

ただ、次から次へととは行かず、
やっぱり一時間に一匹釣れるかどうかって
感じでございますね。

そこで餌も塩イソメと
パワーイソメの併用に戻します。

すると再びあたりがあり、
ロッドを煽って巻き始めます。

なかなかの重さでございます。

波に揉まれながら
抜き上げると37センチの良型でございます。

IMGP7037.jpg

初めは抱卵ものではないと思いましたが
帰って捌くとまだ抱卵してました。

やっぱ遅場のカレイ場なんでしょうかね。

それからパタパタと釣れて
目標の5匹は達成でございます。

IMGP7040.jpg
△この日はかなりの鳥山がたってました。

IMGP7043.jpg

しかも全て良型でございますね~

竿を片付けようと最後の竿を
巻き始めると

魚が付いており白いお腹が
見えたところで

「お、こいつも良型だわ~」
と、確認できたところで

ぷっつ~んと切れてしまいますた(^_^;)

波が少しあったので、
凪だとまだまだカレイは釣れたでしょうね。

さらには帰り際に
釣果を尋ねられたおじさんが

前に日にカレイ狙いで竿出したら
釣れなかったらしく、

ここはGW過ぎてから釣れだすとも
教えていただき、

昨年、目撃したとおり、
カレイの遅場ポイントを実釣をもって
再確認出来ました!

この時期だと既に違う釣り
走る頃でしたが、

まだまだ、この時期のカレイ釣り
いいですね。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  カレイ  寿都 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ