FC2ブログ
需要

黄金ボートハウスのレンタルボートで鯖狙い!

IMGP7213.jpg

今月のノースアングラーズに
レンタルボートでのサバ狙いの記事
書かせてもらってます。

こっち見てね(笑)→→⇒⇒⇒⇒

当初はオホーツクへ鮭狙いに
行こうかと昨年ご一緒したigaさんと
企ててましたが、

台風25号の接近で天候が不安で
中止といたしました。

土曜のみなら波もなさそうだったので
石狩の赤い狼A船長と連絡を取り合って

昨年、ちょうどこの時期に
釣ってたので行きましょうかという事に。

現地に到着は6時前ぐらいだったでしょうか、
流石3連休の初日の上に

波風が無かったために、
ボート利用者もものすごい釣り人ですね(^_^;)

IMGP7212.jpg

ただ、見てると皆さんロングロッド
持ってましたので、河口付近で
ボートに乗りながら鮭を狙うスタイルですね。

さて、我々は沖に向かって狙いでございます。
後で分かりましたが、

数艘、サバ狙いのボートも居たようです。

黄金ボートの当日の釣果はこちら

今日はホントベタ凪で風もほぼ無風でございます。
快調に二人乗りボートはポイント目指します。

IMGP7215.jpg

台風の前だかどうか分かりませんが
浮きもほとんど無いです。

まずは前浜20mラインです。

赤系の35gのジグを落とすと
一投目で小型ではありますががヒットでございます。

おっしゃ!いる、いる!

すると石狩の赤い狼A船長もジグで
ヒット連発でございます。

しかも大きいです!
30センチ越える魚体も混じります。

が、しかし、最初の一匹から数が出ない・・・。
聞くとブルー系らしく

ブルーにチェンジしたら同じようなペースで
釣れ始めました(^_^;)

竿は船用のカレイ竿の30-180号代用です。

ところがなぜか石狩の赤い狼A船長の方が
明らかにペースも良いし、型も大きい(^_^;)

IMGP7216.jpg

なぜだ~~~~(^_^;)

ただ、その内、型もペースも同じ感じに
なってきます。

でも、半分は25センチぐらいの
小型なんですよね・・・。

一応、キープしてサバ折り入れてますが・・・。

その内、だんだんと釣れなくなってきます。
遠く見ると、鳥山が見えてるんですね。

IMGP7218.jpg

じゃあ、移動しましょうかと言うことで
少し遠いですが、鳥山のあたりまで移動かけます。

他のボートやプレジャーも鳥山付近で
同じくを狙って居たようです。

到着後、ジグを落とすと、
これが一投一匹、ジグも下に落ちていかないです(^_^;)

折角、サビキも買ってったので、
針が3本のサビキジグ仕様にすると

ダブルで掛かる掛かる!おもしれ~~~~(笑)
さらに走る走る(^_^;)

DSC_3641.jpg

型も全て30オーバーな感じばかりです。

夢中でキャスト繰り返します。

DSC_3646.jpg

ただ、やっぱり鳥山遠ざかると
ペース落ちますが、

それでもジグを流すとすぐにヒットします。
もうこれだけあれば十分ですね(^_^;)

DSC_3644.jpg

と船長とお話して、船長はカレイ狙いに切り替えました。
自分はルアーが面白いので

休み休みジグをキャストします。

IMGP7221_20181007113949ed4.jpg
▲船長には型の良いマガレイも

雨予報でしたが、
晴れたり止んだりの天気でなんとか支障なく
出来てましたが、長時間のボートの上は
やっぱ疲れますね。

大型を20匹以上キープしたと思いますが、
早め上がりと致しました。

流されるままに釣りしてたので
かなり流されてましたが、

帰りの道のりに時間が掛かること掛かること(^_^;)

食べるのも楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag:   ボート  室蘭 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

黄金ボートで鮭狙いのつもりが・・・

IMGP6086.jpg

黄金ボートで鮭、鯖、カレイ狙いませんか??
と、石狩の赤い狼A船長かお誘いありました。

でもな、今年の噴火湾なんか、
鮭薄いしな~

と思いつつも、サバが気になってたし、
カレイぐらいは釣れるでしょ!

と思い、行きます、行きます!と
返事させて頂きました。

今回はA船長の他にエゾタヌキさんも
ご一緒で3名での出船です!

気になる天気ですが、
微妙な感じでしたが南の風で

出し風っぽく、波はなさそうです。
ただ10時ころから雨となりますので

土砂降りになったら早上がりですね・・・。

IMGP6089.jpg

当日は5時半出船とのことで、
土曜に休みともあって

多くの釣り人が来てましたね~
みなさん鮭狙いでしょう!

出船を待つ間に、
気仙川の様子見ますが、

いい時間ながら釣れてない・・・。
やっぱし薄いね~。

IMGP6090.jpg

一応、朝は鮭狙いなので、
釣果気になります。

ただ、跳ねは見えてたので
居るにはいる感じでございます。

さあ!出航です!

まずはチマイベツ目指しましょう!

IMGP6092.jpg

A船長には運転ご苦労かけますが、
ロープが至る所にあって

結構、交わすのに苦労するんですね・・・。

波も小さいながら
室蘭側からうねりが入ります。

IMGP6091.jpg

浮きを目印にロープ交わしつつ、
ほどなくチマイベツ川沖合到着です。

沖合っていっても岸からせいぜい100m程、
水深5mほどじゃないかな。

既に夜は明けてるので、
岸で鮭狙ってるアングラーさん数多く見えます。

つ、つ、釣れてる様子がない・・・(^_^;)

跳ねも、もじりも見えない・・・。

でも、一応ロッドは出します。
IMGP6093.jpg

A船長は浮きルアー、私とエゾさんはウキフカセと
思い思いの仕掛けと餌で狙います。















静かな時間が過ぎます。

あたりが当然ないです(^_^;)

想定の範囲内です。

岸のアングラーさん半分ほどに減ってます。

ひろしです。笑




ツレネ笑



A船長と相談して7時までやって
釣れなかったら移動しましょうか!

という事にしますが、
もちろん時間までやっても

誰のロッドにも鮭は掛かるはずもなく・・・。

そこで、先日のいくさん情報で
北外防波堤の渡りで

日中でもクロゾイ釣れたとの
情報を思い出し、

そろそろ、トウベツカジカも釣れるかも
しれないので

北外防波堤の先端目指します。
渡しで渡ってるアングラーさんも見えますね。

風もそこそこあるのですが、
防波堤の胸壁裏に入り込み

防波堤の縁を狙うことにします。

これなら渡しと変わんないんですけどね(^_^;)

するとライトリグのA船長にガヤの
オンパレードでございますね(^_^;)

IMGP6096.jpg

エゾさんも餌釣りでガヤを掛けてます。

私はロックフィッシュ用のロッドと
ワームも持参してたので

重めのシンカーに大きめのワームで
狙いますが、ツンツンあたりが来るだけで

全然、乗せれないのよね~
まぁ、小さいガヤなんでしょうけどね。

あまりにも乗らないので、
シンカーを4号まで落として

4インチワームに変えると、
小マゾイゲットでございます(^_^;)

IMGP6095.jpg

あまりにもガヤしか釣れないので、
少しボートを移動させます。

でも、やっぱり、ガヤ、ガヤ、ガヤ・・・。

私には今度は小シマゾイ・・・。

IMGP6097.jpg

私にもガヤのスレ掛かりまで。
相当ガヤは居そうです。

IMGP6099.jpg

ヘリ側にキャストして、
狙いますがどうも小さなガヤしか掛かりません・

キャストして水を飲もうと
ロッドを一度ボートに置くと、

グングン穂先が揺れます!

お、なんか、大きいのが掛かったぞ!

慌ててロッド持って巻きますが、
明らかにその前までの小さいのとは違います。

なんだ、なんだ!

見えた!

トウベツカジカだわ!

IMGP6100.jpg

もう居ましたね~。

でも、結局トウベツカジカは一匹のみで、
期待してた大型のアブラコやソイは釣れず・・・。

じゃ、せっかくボートですから
カレイ狙いで行きましょう!

という事になり、沖にボートを向けます。

再びロープに気をつけながら向かいますが、
流石に沖合は潮の流れがきついっすね。

A船長の合図で25~30mラインで
アンカー下ろしますが、流されて、流されて・・・。

気になるサバの鳥山も遥か遠くです。

カレイに集中するも、
全く掛かりません(^_^;)

ボート移動させるのに巻き上げると
小型のソウハチが一匹付いてるだけです(^_^;)

じゃ、少し移動させましょうか!
という事で、他のボートがいる場所まで

移動させてみます。

しかし沖合は潮の流れがきついです。

なんとか固定して、
再びカレイ狙いますが、

だ~れもあたりありませんね・・・。
エゾさんとA船長がたまにギスカジカ

掛けるぐらいでございます(^_^;)

私は餌にパワーイソメ使ってたのですが、
上げてみると、ハリスごと切られてたので

まだ、フグも居そうな感じでございました。

気になる鳥山も遠くから、
近くに寄って来たりと、

行こうか、どうしようか迷いましたが、
カレイも釣れないなら行きましょう!

という事で、竿を上げると、
なんと小鯖が針に掛かってるではないですか!

IMGP6101.jpg

よっし、動かなくてもサバ居るわ!

ラスト一時間ちょっと、一斉にジグを投入します。

するとすぐにヒットします!

しかもデカイです!

30センチ近そうなのが、私にもA船長にも
同時にヒットでございます。

IMGP6102.jpg

よっしゃ、ロッド振れ振れ!笑

潮に流して、時々しゃくると
すぐにヒットします。

サバって程ではないですが、
サバと小サバが半々に釣れてくる感じです。

IMGP6103.jpg

そこでサビキの針3本付いたジグサビキで狙うと
時々針数掛かっちゃいます(^_^;)

もう少し早く気がつけば良かった(^_^;)

残り一時間は夢中で釣りましたね。

IMGP6104.jpg

釣れすぎて数も数えませんでしたが、
一人20匹以上は釣れた感じです。

中サバは丁寧にサバ折りして
スカりに入れますが

手がヌルヌルになっちゃうので
小サバはそのままスカりに入れちゃいます。

やー楽しかったな~

2、3年前の鳥山サバ狙いの時よりも
型は小さめでしたが、

満足できました~。

IMGP6106.jpg

帰ってみると、他のボート組の
人たちは、ほぼ手ぶらだったそうです。

サバ釣れて良かったわ笑

黄金ボートで紹介されてます

サバだけに捌くのも大変でしたが笑
お向かいさんへ4匹ほど差し上げて

ようやく下ごしらえ完了です。
小さいのは素揚げ用(息子が一番喜んで食べます)

IMGP6108.jpg

大きのは味噌煮、中型を3枚に下ろして
塩焼き用でございます。

脂乗って旨かったですよ~

DSC_2732.jpg

DSC_2731.jpg

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: サバ  室蘭  釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

大サバまだいるかな??

IMGP4131.jpg

前回の室蘭釣行で大サバ一匹しか釣れず、
悶々としておりました(笑)

あの強烈な引きはたまらんですね。
つい勢い余って大サバ用兼食い渋り鮭用の

磯竿も購入してしまってました。
まだまだ、釣りたぁ~~~い。

しかも道新夕刊に室蘭で大サバ50~100匹!
なんて記事も出てるものですから、

もう、行きたくって、行きたくってね。

そこで、すでにシーズン終わりだと思ってましたが、
天気予報など見ても日本海側は

厳しかったので、再び大サバ狙いで室蘭
向かってみます。

釣れなくても大チカが釣れてるようなので、
大チカ釣れればいいかなぐらいの気持ちです。

そして病み上がりの釣友S氏をお誘いして
日曜日の早朝目指して向かいます。

前回の釣行でジモティー釣り師から
崎守の方がカジカもサバもいいよ!

なんて聞いてたものですから、
一応カジカも視野に入れながらの釣行です。

初めに第二埠頭覗きながら向かうと・・・。
あれれ・・・。どん詰りポイント

だ~~れもいません(^_^;)
やはりサバは終わったのか・・・。

ところが薄暗い中、先端に準備中の
釣り師が数組待機中でございます。

様子見てると明るくなるのを待ってる感じです。
波がかなり港内でも高く、風も強めですね・・・。

崎守の方が外海に近いし、
あまり釣ったこともないので崎守向かいます。

こちらでも数組が待機中です。
少し様子みながら、一応準備開始です。

前回、小樽のホーマックで買ったロッドホルダー
付き竿立てと、オキアミ擦り機も準備です。

IMGP4130.jpg

しっかしサビキ釣りって道具多くなっちゃうのよね(^_^;)
準備始めてコマセ撒いて、オキアミ擦って

さて、サバを待ちます。
竿も5.4mと4.5mの竿を二本使用します。

S氏は車で寝ています(笑)

周りもぽつらぽつら釣り人がサビキ釣り
始めますが全然釣れまへんのよね・・・。

IMGP4132.jpg

風も強くて気温も高くなる予報でしたが
体感温度はかなり低いです・・・。

IMGP4136.jpg
室蘭名物、小ガヤ・・。

風も強いです。つ、ツレネ・・・(^_^;)

ここまで釣れないなら第二埠頭へ戻ることにします。
着いて様子見てると釣り人もかなり増えてて、

しかも左角中心にかなり大きなチカ釣れてます!
よしここで再開しましょう!

結局、最初に様子を見た第二埠頭でじっくり狙います。
S氏はやっぱり車で寝てます(笑)

見てるとやっぱり左角が一番多く釣れており、
離れるにしたがってあまり釣れてません。

IMGP4138.jpg

少し左側で下がったところから
同じく二本の竿で狙います。

オキアミ擦ってサビキ落とすとすぐにあたりが
ありますね。ポツポツですが両方の竿に掛かります。

タナはかなり上の方です。
ジモティー釣り師見てるとリールなしの

長竿の人が釣果重ねてます。
サビキはワカサギ用のすバリが良かったですね。

ただ、ポイントのせいなのか、ダブルやトリプルで
釣れることが少なかったです。

左角の釣り師は常にダブル、トリプルでしたからね。
それでも15センチほどの大チカが3に対して

10センチ以下のチカが2って感じで釣れてきます。
そのうちS氏も目覚めて参戦しますが、

時間の経過とともにだんだんとペース落ちますね。
3時間ほどで30匹超えましたかね。

IMGP4139.jpg

まあ家族4人の一食分にはなりますね。
サイズも大きいので食いごたえもありそうです。

今回も色々とサビキ試しましたが、
すバリにオキアミ擦るパターンが良かったです。

IMGP4140.jpg

そして11時過ぎには終漁でございます。
そして一回は入ってみたかった、

絵鞆にある温泉ゆららで冷えた体温めて帰ります。
露天や食堂もありますが、

IMGP4141.jpg

無色透明な温泉です。一応温泉でございました。
食堂もホームページ見ましたがメニュー豊富そうだったので

気になってましたが、S氏が醤油ラーメ450円、
私が牛丼500円食べましたが・・・。

多くを語りません(^_^;)

さて、11月に入っちゃいました。
小物はこのぐらいにして、今週からは狙い変えます!

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  室蘭  大チカ 

[edit]

PAGE TOP

釣り物盛りだくさん!室蘭港でフィッシング!

IMGP4105.jpg

秋シーズンが始まりましたね~。

鮭に始まり、鯖も釣れだし、マメイカ、マイカ
秋ヒラメにブリも良いですね。

もう少ししたらホッケも始まるし、
ソウハチだって釣れますよね。

という訳で今週は先週目撃した大サバメインに
釣りたいなと考えてました。

週末も近づくと土日ともに波風ありません!!

どこにでも行き放題です!(笑)

サバを朝マズメに狙って、後、同じく
室蘭で釣れだしたトウベツカジカか鮭リベンジの
計画で行きます!

そして釣友S氏を歌別以来お誘いして、
行くことにします。

しかし、サビキの道具、トウベツカジカの道具、
鮭の道具・・・。二人分ですけど
車の中、道具でいっぱいでございます(^_^;)

ポイントは室蘭港の第二埠頭です。
先週に大サバ目撃したポイントですね。

朝の6時過ぎには現場到着でございます。
少しのんびり到着ですね。
-- 続きを読む --

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  室蘭  サバ 

[edit]

PAGE TOP

なんじゃ!このゴミだらけの防波堤は(^_^;)

IMGP3916.jpg

今週は釣れてる所に素直にヒラメ狙いに
行こうかと思い、下火になりつつあるとは

分かってましたが釣り新聞に出ていた
室蘭港の北外防波堤に行くことにします。

当初は空いているお隣の黄金漁港もありかなと
思いましたが、釣り人も多いけど

やっぱり数も上がってる方が確率も高いでしょう。
また、室蘭港の北外防波堤は始めて

ヒラメ釣った場所でもあるんですね。
当時は懐かしい「ヒラメ釣りのメソッド」で

購入したダウンショットリグで釣りました(笑)

天気予報は曇りでしたが室蘭に近づくにつれて
雨が降り出してきます。

やばいな・・・。

幸い風は弱いし小雨程度なので
なんとか釣りには支障なさそうな感じですが。

防波堤ついてぶったまげました・・・。

防波堤きったねぇーーーー(^_^;)

基部側の草むらや、入り口のテトラのした、
防波堤に至ってはヒトデや釣り人の残した

ゴミの山です・・・。
IMGP3918.jpg

IMGP3919.jpg

ゴミはもちろん、持ち帰る、散らかさない、
ヒトデは内海に帰すとか、空き缶、空き瓶

めっちゃくちゃですね。

これ、間違いなく釣り人締め出されますね・・・。

なんとか、しないといけないかもですね。

で、釣果の方ですが、先日小幌で釣れたメソッド
そのままに6号シンカーの2/0フック、

6インチパルスのチャートリュースでキャストして
ボトム付近をスローリトリーブします。

キャスト!一投目!変化なし。

同じ所へキャスト!6号でもボトム感じにくいです。
深いんでしょうね。

なるべく浮き上がらないように
時々ストップ入れます。

3投目、キャストー!カウント数えて一旦ボトム
取ります。潮が左から右に流れて行ってるので

やや、左目にキャストします。
風も左から右に吹いてるので

ラインスラッグも右側に出ていきますね。

ゆーっくり巻き始めると・・・

ぐぐーと重みがロッドに伝わります!

よし、間違いない、ヒラメだ!
ロッド立ててテンション緩めないように巻きます。

なかなか、いい重みですよー。

姿が海面に見えてきました。まぁまぁのサイズです。

ここで躊躇すると抜けるパターンが多いので
フックががっちり掛かってるの見えたので

一気に抜きあげました!

あとで思いましたが、ラインが擦れていたり
結束が弱かったりしたらそこからも

切れること考えるとヒヤヒヤもんでしたね。

図ると45センチと標準サイズですね。
今年の噴火湾は35~40クラスが多いと聞いてたので

まずまずのサイズじゃないでしょうか。

IMGP3917.jpg

それから二匹目を狙ってジグにチェンジします。
ワームで届かないエリアを狙ってみます。

ガン吉30gのピンクとカタクチを取り替え、
移動もしながら探りますが、

まったく反応ございません(^_^;)

雨も大分強くなってきますね。
回りも基部側でタモ入れ見えてたので

何枚かは上がってたようです。

そこで、必殺ワームの「BALT」で今度は
ボトムしっかり取れるように7号シンカーで
狙ってみます。

誘い方は同じようにボトム付近を
スローリトリーブでスイミングさせます。

が、今回はピンクラメ、ブルーラメと試しましたが
反応ございませんでした。

一度、雨も止んで良かったのですが、
暗くなってからソイでもと企んでましたが、

再び雨が降ってきたので、止めることにします。

ただ、しかし残念なのは、防波堤のゴミです。

ゴミは持ち帰りましょう!
そして今の汚れよう、なんとかしなきゃならんのでは
ないでしょうかね。

ヒラメは噴火湾であと一回ぐらい行きたいですね。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 室蘭  ヒラメ  釣り 

[edit]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ