FC2ブログ
需要

箸別川河口海岸で鮭釣り

IMGP7209.jpg
▲明るくなってからの海岸の様子

すっかり平日釣り師に変わったわけですが、
これで空きすきの釣り場で大漁じゃ~~

なんて思ってたわけですが、
釣りだけは別格ですね・・・。

平日でも早朝だとどこも
満員御礼でございます。(^_^;)

この時期、やっぱり釣りはやっておきたいし、
釣りぐらいしか無いちゃないですからね。

平日釣り師の欠点といえば同じ休みの人が
少ないので単独になりがちなところですね。

なので遠出も一人だとかなり億劫でございます。

近場でさくっと3匹も釣れれば満足で
ございますが、近場だと時間やらなきゃ厳しいですよね。

そこで昨日はどこ行こうか悩みつつ、
初めてである増毛の箸別川河口海岸へ行ってみます。

北方面だと我が家から近いのもあるし、
大きな街が少なく信号も少ないのではやく
着いちゃうところがいいですよね。

一応、有名釣り場ではあるので
早めに自宅出発し、真っ暗なうちに到着します。


着くとすでに海岸では浮きルアーのライトが
河口付近でビュンビュン飛んでるのが見えますね。

あれ?
ここって駐車は皆さんどうしてるんだろう??

少しぐるぐる探しますが、
増毛の港に下るところになんか
車いっぱい停まってるな~

なんて気がついたのですが、
皆さんそこに停めて歩いて向かってるんですね。

真っ暗だし、右岸がいいのか左岸がいいのか
入り口も分からなくて

ちょうど海岸に向かう釣り人居たので
後を追って海岸に向かうことにします。

10m暗い後ろをストーカーのように
追いますが、海岸降りると河口より
離れた方へ向かいます。

いや、ちゃうだろう、
基本は河口近くがいいべさ!

という事でストーカーはそこで終了です(笑)

ただ、真っ暗な中ではありますが、
結構な釣り人の数でございます。

スペースも無さそうな感じではありますが、
釣りの準備しつつ、入るタイミングを図ります。

幸い、ずっと見てると一人分ぐらい
空いてるスペースがあったので、

河口からうまく3人目のところに確保できました。

さ、さ、真っ暗な中キャスト開始でございます。

波も河口付近だけ少し高く、
風は微風程度でございますね。

釣り新聞に2週間前ではあるものの
相当な群れが岸に居たと思われます。

2週間も前だから期待はしてませんでしたが、
波間にも見えないし、跳ねもまったく見えません(^_^;)

、居るのかな・・・。
薄明るくなるともじりが少し見えたのと

ミイラが足元うろついてて、
少しは居そうな感じはしましたね。

暗いうちのヒットは確認できませんでしたが、
右隣のグループでヒットが確認できました!

おっしゃ、これは鮭いるね!

海岸の様子はというと、
私は右岸に入りましたが、

右岸側でぶっこみ10本ほど並べて
多分一人だと思いっますが釣り師一名と

後はウキルアー組が20人は居たかな~
左岸側もぶっこみというか、

竿立てに並べた釣り師やら、
ウキルアー釣り師やら、反則川釣り師含めて
10人ほどかな・・・。

IMGP7210.jpg

右岸側が人は多い感じでした。

そんな中、手元に明らかに外道とは
違うアタリが!!

よっしゃ!ヒット~~~~~~~~

ロッドがしなります。
ルアーはダイワのサーモンロケット45gに

ちょうどいいサイズに切られた
にんにく締めのカツオです。

波もあるので、フックアウしないように、

波に流される時は早巻きして、
なんとか波打ち際に寄せます。

なんせ、海岸がゴロタなものですから、
砂浜の感じでロッドのしなりで

海岸にずりあげようとしたら、
フックアウト!!!

やべ!慌てて、鮭に駆け寄り
足で蹴って、手でなんとか逃げられないところまで

上げました・・・。あぶね、あぶね・・・。

すると!あれれ??穂先が折れてる~~~~

がびちょん。

IMGP7211.jpg

しかも鮭めっちゃちいせーし(^_^;)
君はカラフトマスですか!!

すっかり明るくなりましたが、
周りも全然上がってません。

唯一、上げてたのが反則川釣り師が
ミイラ鮭を数匹確保してましたね。

一本、取れればいい方でした・・・。

7時前には帰る釣り師さん多くなりましたが、
折れたロッドでも餌がなくなるまでと思いながら

ロッド振るも、どうしてもトラブル
多発しちゃいます。

やーめたっと!(笑)

一瞬、雌かなと思いましたが、
やっぱり雄でございました(;_;)

あ~雌いつ釣れるかな~~
スポンサーサイト
tag: 釣り    増毛 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

先週に引き続き増毛港でニシン狙い!

IMGP6269.jpg
釣り開始したときの様子

釣り物もたくさんあるのですが、
案の定、気候が安定しない
時期になってきましたね~

さて、今週はどこへ釣りに行こうかと
思案してると、中々いい条件の日がございません。

水曜日の噴火湾がよさげな感じで、
跳ね打ちも一回ぐらい行ってみたいと

考えていたのでベルーガの予約を
見てみると空きが数名ございました。

よし!予約しようかな~
なんて考え、石狩の赤い狼A船長を

お誘いしてみるものの、
さすがは平日で休みが取れにくいとのことで
行けませんとの事。

そうだよね~
こっちは人生の夏休み中なので
条件のいい日に合わせて行けますからね。

そうそう都合よくタイミング合う人もいませんね。

そこでもしやhojoさんに聞くも
今週は木曜日が休みらしく同じくタイミング合わず。

じゃ一人で行こうかな~
なんて考えてたところに

前から予定してた飲みの約束が
火曜日にはまりそうな感じでございました。

そうすると朝起きて行くのが辛いよね・・・。

結局、予約はしなかったのですが、
他の釣りにしても

釣りができそうなのが条件的に水曜日夜ぐらいしか
無さそうでございます。

そこで木曜休みのhojoさんへ連絡
取り直すとニシン釣りに行きたいとの事。

ならばご一緒しましょうかという事で
再び増毛港でニシンを狙いに行くことにします。

が、平日の増毛方面は夜間通行止めの
工事が入っていますね~。

しかも夜の9時には通行止めになってしまう・・・。
留萌経由で戻ろうかとも考えましたが

どうせなら車中泊で宴会して
朝に帰って来ませんかとhojoさんからのご提案です。

そうだ、考えてみると一度もhojo号での
車中泊宴会に便乗したことがなかったので

じゃそうしましょうか!
という事でhojoさんの仕事終わりの
6時を待って出発することにします。

ところが石狩の天候がかなり強めの
雨でございます。

予報を確認すると増毛も雨ではあったものの
雨量は少なく、しかも夜中でも気温が7度程で

風もそこそこの予報でしたが
港での釣りを考えると支障はなさそうでは
ございますが・・・。

そんな心配の中、増毛に向かいます。

ところが近づくにつれ、
雨も弱まり、到着するとなんと雨が止んでおります。

やったね!風も強い予報でしたが
港の中は超あずましいです。

8時前の到着でしたが、
釣り人も平日のためか割と少なめでございますね。

今回はhojoさんが電源を持っているので
堂々と釣りができますね(^_^;)

今回は前回釣れてた一番右側が
空いていたのでそこで釣り座を構えます。

IMGP6273.jpg

前回、磯竿の4.5mが長すぎた感じだったので
今回は4mの竿を使用します。

サビキはアミエビカラーの3本針7号ですね。

また、今回、インナー用に遠赤外線輻射素材の
ものを上下着込んだのですが、

その前にかなり気温が高かったので
あまり実感はできなかったですね(^_^;)

IMGP6264.jpg
▲一着片方で4,000円以上します(^_^;)

コマセも二人で撒くのですが、
海面見るとニシンがうじゃうじゃ寄ってくるのが
見えますね。

IMGP6270.jpg

こうなると、サビキを入れると
すぐにヒットします。

しかも前回よりも少しサイズアップしてる感じです。
さらに前回は1、2割、小ニシン

混じって釣れたのですが、全く掛かりません。

下ろすとすぐに掛かります。

最初は夢中で掛かると上げてたのですが、
hojoさん見ると

針に掛かると少し泳がせて
なるべく針数掛かるように泳がせています。

IMGP6274.jpg

じゃ俺も一匹掛かっても
少し泳がせて、なるべく針に掛かるようにします。

すると2匹、3匹普通に掛かって来ますね。

IMGP6272.jpg
▲針数3匹ヒット!

このペースだとあきらかに前回よりは早い!

行きの車の中で何匹釣って帰る的な話を
していたのですが、hojoさん曰く200匹は
釣りたいとのことで、

いつもはそんな話をすると
釣れないのが定番なのでございますが

このペースだと時間を掛ければ
200匹は行けそうな勢いでございますね。

でも、増毛港の今回のニシンはかなり
長期間に釣れてますね。

自分的には先週のストックもまだあったのですが
そんなの忘れて夢中でやってると

一度血抜きをするのに数えると
49匹釣っております。

やばい、こりゃ釣りすぎだ(^_^;)

ど、どうしよう・・・。
でも、釣れるのはやっぱり面白い(^_^;)

途中で貰いてを探すために連絡入れるも
札幌に居なかったり

返事がなかったりと、
自家消費するしか無さそうでございます。

そしてニシンを袋に移して
バケツを洗うために水汲みバケツで

海水を汲もうとすると・・・。
ロープが切れてバケツが海の中へ・・・。
さよなら~~~

金属部分から切れてしまいました。

生簀用のバケツを直接海の中に入れて
ウロコを洗って海水を入れ直して

後半戦のスタートです。
ニシンは相変わらず見えるのですが

少しペースが落ちてきた感じでございます。

すると燃料切れでライトがちょうど
落ちてしまいました。

するとhojoさんから、
珍しく切りがいいので止めましょうかとのこと。

そうだね、釣りすぎたし、
俺的にはちょうどいいわ。

DSC_2866.jpg

数を数えると合計81匹でございます(^_^;)
やべ釣りすぎだ・・・。

それからコンビニで車内宴会用の
人間の餌と酒を買って駐車場で車内宴会でございます。

たまたま雨のせいかその日だけ
通行止めは解除だったのですが、

車内を板をひいたり、カーテンを
着けていたりと、

DSC_2867.jpg

かなりあずましく過ごせる車内で
○○○話で盛り上がりつつ、

酔もまわり、宴もたけなわになった頃に
ご就寝と相成りました。

めでたし、めでたし。

そこで、調理方法ですが、
前回刺身も行けたので

刺身とお隣の釣り師さんに
おっそわけしたところ

切り込みが良いんじゃないかとの
ことで、挑戦してみることに。

IMGP6263.jpg
▲こちらは前回作った香味焼き

IMGP6281.jpg
▲刺身は大きめにカットです。

ちょうど、今日、漬け込んだ
ところでございます。

IMGP6278.jpg

DSC_2873.jpg

食べるの楽しみだな~

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  ニシン  増毛 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

今週も噴火湾でカレイ狙い+ニシン狙い!

IMGP6245.jpg

とうとう札幌も雪が積もっちゃいましたね~
根雪にならないとは思うけど・・・。

釣り物の方はというと、
イカににしんに、ホッケに

鮭の跳ね打ちもまだ出来るし、
噴火湾のカレイも狙えるよね。

カジカはこれからだし、
ノースアングラーズの最新号見て

思い出したけど、日本海でソウハチも
狙えるね!

あ~気持ちだけ忙しいわ(^_^;)

先週は天気予報とにらめっこしてると・・・
金曜日がよさげでございますが、

朝は噴火湾のみ限定的な感じでございます。

ならば塩イソメも余ってるし、
もう一回、噴火湾で狙ってみるかな~

で。木曜発売の釣り新聞に、
増毛港でにしんが爆釣も気になってはいるが

釣れる時間は暗くなってからだしな・・・。

まずは朝まず目狙いでカレイに行くことにします。

実は10時に歯医者を予約してたのを
ふと思い出して、2時間ほど限定になるけど

波が噴火湾あたりしか
できそうにないので仕方ないよね・・・。

今回も国縫は避けて、大中も国縫以上に
足場高いしテトラはもっと怖いしね。

結局、前回と同じ長万部漁港で
竿を出すことにします。

朝の5時頃には到着しますが、
やっぱり他の釣り人がいません。

やっぱ釣れないのかな~
釣り新聞の終面に国縫と大中でカレイ
が釣れてる記事も出てたので

長万部だって釣れないことないのにな・・・。

外防波堤先端目指しますが、
やっぱり貸切でございますね(^_^;)

波は前回よりもすこーしある感じですが、
風はないですね。

気温もこの2週間ほどで随分下がってますね。
気温はかなり低いです。

かなりさみーです。

前回あまり釣れなかったので
投げる場所を変えようと思いましたが

やっぱり足場が悪いと
落ち着かないので同じ場所で出します。

ぎょぎょライトつけて
さぁ、キャスト開始です!

仕掛けも同じく誘導式仕掛け2本ばりに
塩イソメを房がけにします。

貸切なので、周り気にせず思いっきり
遠投かけます!

とりゃぁーーーー

寒いけど、これがきもちいのよね~~

相変わらず漁船の往来も激しいのですが、
邪魔にならない感じで楽しめます。

するとすぐに右側の竿にあたりがあります!

よっしゃ、来たかな~

すかさず煽って合わせますが、

物凄くかる~~ございます(^_^;)

巻いてきて、キャプライトで
海面照らすとなにか小さな魚が付いてるのが
分かりますね。

抜き上げると、なんとも小さなドンコ(^_^;)

リリースして投げ直します。

時々サビキますが、その後、反応ないまま
夜明けを迎えます。

少しすると、綺麗な「天使の梯子」が
今回も見えますね~

IMGP6247.jpg

時間も10時に帰るとなると、
7時すぎが限界でございます。

6時半を過ぎたあたりで
なんとか二回目のあたりが来ます。

煽って巻き始めますが、
またまたかる~~ございますね(^_^;)

すると小さなスナガレイが付いてます。
ちっちぇなぁ~(^_^;)

一応バケツでキープして、
再度投げ込みます。

しかし、あたりが遠い・・・(^_^;)

やば、7時回っちゃう!

くー7時回った!

途中、投げる方向変えてみたり、
常にサビいたりしましたが、

ジ、エンドでございますね・・・。

こりゃ欲求不満だわ(T_T)

高速飛ばしてなんとか歯医者は間に合いましたが、
これじゃ納得いかん!

歯医者から帰ってきて、
昼ごはん食べて洗濯も済ませて。

さ、増毛向かおうっと!笑

夕まずめからの勝負でしょうから、
平日だし余裕で着くでしょう。

釣り新聞に詳しくポイントも書いてたので
まっすぐ向かいます。

先客が数組、竿出さず準備してますね。

まだ、時間も早いので、
地元の釣具屋に情報収集かねて、

オキアミ買いに行って聞いてみると
「情報分かりません」ですと(^_^;)

そして漁港に再び戻って、
ジャンバー着てゆっくり準備始めます。

漁港にいた釣り人に情報収集することにします。
するとチカ釣りっぽいので

サビキ釣りをしていた
釣り人に聞いてみると

「あそこに居る釣り人が昨日600匹釣ったらしいよ!」
と、教えてもらいました。

IMGP6250.jpg

そして、その釣り人と話してみると、
やはり、今いる場所で昨日600匹釣ったと
教えていただけます。

え~600匹ですか??
全部食べるんですか??

と聞いてみると

「1軒に100匹配ったら6件で済むべさ!」
「あっはっは」だって(^_^;)

型もあまり大きくないよとも教えて頂いて、
暗くなるまで時間を潰します。

ついでに、今日はここが良いんですか?
と着てみると

「わがんね」ですって(^_^;)

すると薄暗くなってきたところで、
皆さん、竿を出し始め、

海面をライトで照らし始めます。

昨日は4時過ぎから来たんだけどねって
教えてもらうも、5時過ぎても来る気配ないです(^_^;)

IMGP6251.jpg

チカ釣りで先に竿を出してた
釣り人に3匹ほど掛かるのが見えましたが

昨日爆釣おじさんへはまったく来ません。

もちろん自分にも(^_^;)

ライト持ってないので、
水中点滅ライト付けて

オキアミも擦りますが、全く反応無いです。

おそらくにしん狙いの釣り人も
少しずつ増えて来ますね。

釣りを中断をして周りの釣り人の
様子を見ますが全く釣れておらず・・・

すると、昨日爆釣おじさんが車で
どこか移動しています。

おそらく、他のポイント見に行ったと思われますが
帰ってくると道具畳んで移動していきます。

頭にボーズよぎりますが、
これじゃ帰れない・・・(T_T)

するとチカ釣りをしていたおじさんたちも
移動していきます。

こりゃ俺も移動せねば!!

道具畳んで移動すると・・・。

あら、爆ってるわ!!!

端っこで準備初めてすぐさま磯竿上下に揺すります。

最初のポイントで仕掛けと
水中チカチカライト根掛りでロストしてたので

ちょっと不安でしたが、
なんの、なんの、入れたら掛かり

IMGP6253.jpg
▲時にはダブルで

入れたら掛かり状況になります。

早くこっちに移動してたら良かった(^_^;)

見てると、やはり真ん中が釣果少しよさげな
感じでしたが、端っこでも全然釣れます。

サビキはハゲ皮サビキ7号です。
オキアミ擦らないでもバンバン釣れます。

IMGP6255.jpg

晩飯時間には帰りたいと思ってましたが、
バンバンくるので

止めるタイミングを見失いますね(^_^;)

時間も気になったので、
7時過ぎには止めましたが

小一時間ほどで小ニシンは除いて25センチ
前後が37匹でございました。

IMGP6256.jpg

翌日10匹は塩水に浸して干して、
6匹ほど生で塩焼きにして、

IMGP6258.jpg

10匹は圧力鍋で梅煮にしました。
身が柔らかいのが難点だな~

IMGP6261.jpg


残り10匹、いい食べ方ないかな~~

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 増毛  にしん  釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

増毛マッカでソイ、ハチガラ、ブリ狙い!

DSC_1697.jpg

今年、そう言えばソイ釣ってないな~。

そして、渋くなってるとは言えブリも釣れてるし。

週末は何釣りに行こう・・・。
なんて考えながら数人とコンタクト取ってると

へたのヨコ釣り北海道日誌のhojoさんが、
増毛マッカ岬にオールナイトで行くとの事で、

夜にソイ、ハチガラ、明けてからもしかしたら
ブリも狙えるかもだし、かなり惹かれるものがあったので

「便乗させてもらってもいいですか?」とお願いして、
久々に同行させて頂きました。

一緒の車で行くのはかなり久々でございますね。

そして初対面のIさんもご一緒で、
行きの車は馬鹿話や〇〇〇話で超盛り上がりです(笑)

トンネル前の駐車スペースには日も暮れた
8時過ぎには到着でございます。

何年ぶりだろう・・・。

過去の記事はこちら

調べると2008年9月以来の釣行です。

当時は海岸の玉砂利ルートからの入釣で、
山からの下りルートは初めてでございますね。

準備済ませて100mほどあるでしょうか、
藪をかき分け、かき分け下りますが、

キャップライトの明かりに虫がかなり集まってきます。
ペっ、ペって感じで、口の中に入ってきそうで

気持ち悪いです(^_^;)
途中、道らしき感じので歩きやすくはなるものの

ぬかるんでてどろどろでございますね。
さらにはかなり急なロープくだりもあって、

行きはくだりでいいのですが、
帰りがかなりしんどそうですね・・・。

ようやく玉砂利の海岸に着きましたが、
藪こぎでジャンバー来てたもんですから汗だくです(^_^;)

そこからは岬までは近く、
9時前には実釣開始でございます。

岬の先端右側からシンカー3号のテキサスリグで
ワームは甲殻系のエコギアのBUGANTS3インチパールグロウ

で真下に落とすとすぐにツンツン来ますね。
案の定、小ガヤでございますね(^_^;)

DSC_1698.jpg

ソイがいないかと思いながらキャストもしますが、
やっぱりツンツン着ますが

ガヤのあたりのオンパレードって感じです。

hojoさんは「旅に出ます」と言い残し
早々と奥の方へ移動しながらハチガラの拾い釣り

ナイスサイズゲットしてたようですね。

分かってはいましたが
途中、何度か根掛かりでロストもします。

根掛り回避するため1号シンカー3連結で
試すもののやっぱり根掛りしちゃいますね(^_^;)

シンカーも3.5gのジグヘッドで試すもやっぱり根掛り。

初めは岬の平盤で正面でやったり、左側でやったり、
キャストしたり、際に落としたりもしますが

ツンツン来るだけで、
ソイもハチガラも来ないのよねん(^_^;)

そのうちガヤのツンツンも来なくなってきたので
来たルートを戻りつつ

浅瀬でハチガラ出ないかと思って、
移動しながら探ります。

方向変えてキャストしたり
真下に落としたりしますが、

たまにツンツンあるのみでございます(^_^;)

しつこく真下に落として
探ってると、ツンツンとは違った重量感あるあたりです。

ぐいっと合わせると乗ってきました!

やった、ハチガラ来たかなと思いつつ
巻き上げます。

キャップライト点けて姿確認します!

ん??

なんか容姿が違わね??

なんと20センチほどのカジカでございます(^_^;)

DSC_1699.jpg

それから再び先端の平盤に戻りますが、
同じく奥の方へ移動していたIさんも戻っており、

聞くとやはりガヤと小ソイのみだったようです。

眠気も出てきたので少し仮眠しますが、
風もなくこの時期まで来ると

さすがに寒さは感じませんね。
ただ、やっぱり熟睡はできないですけどね。

空を眺めると星も出てきましたね。

Iさんと話ししてると、
何やらサンマぐらいの魚が表層を

スイミングさせてると追っかけてくるとの
ことらしいです。

同じように試すもヒットこそしないのですが、
キャップライトで海面照らすと確かに

細長い魚体の魚が泳いでるの見えるんですね。

なんだったんだろう・・・。

さすがにオールナイトはきついので
休み休みも多くなってきます。

マゾイ、もしくはハチガラ釣りたかったのですが
結局、明るくなる頃まで

ヒットなしでございますね・・・。

薄明るくなった頃には
早々とブリ狙いにチェンジします。

DSC_1700.jpg

60gの夜光ジグでシャカシャカ開始です。

数投目、ズシッと魚が乗った感じです!

来た!と叫びながら巻き始めます。

あれ?

結構、重いのですが、横に走らないのよね(^_^;)

巻寄せて来ると魚が見えてきます。

な、なんとアブラコでございます・・・。

DSC_1702.jpg

よくもまぁ、あの早いジグの動きに
バイトしてきたもんです。

朝マズメの食いが立ってるタイミングだったので
追って来たんでしょうね。

しかもかなりぶっといです。
まるまる太っています。

40センチ超えたかなって思いましたが
図ると38センチほどです。

そのうち旅に出ていたhojoさんも戻って来て、
3人でブリ狙いに集中します。

DSC_1705.jpg

増毛あたりでも釣れてる情報あるので、
この岬なら出てもおかしくないはず!

そう思いながら3人でシャカシャカしますが
そう簡単には釣れてくれません(^_^;)

DSC_1703.jpg

疲れもあり、休み休みやりますが、
やっぱり出ないのよね・・・。

DSC_1709.jpg

もじりも見えないし
ブリはいなさそうな感じでございますね。

明けてから2時間も降ってたでしょうか、
誰からともなく道具を片付け始めます(笑)

帰りに山登りが恐怖でございますね・・・。

ほぼ一直線に登るので、
かなりキツそうでございますね(^_^;)

藪を掻き分けるので、
薄着になるわけにもいかず、

途中、休み休み行きますが、
頂上に着いた時にはやっぱり汗だくです(^_^;)

DSC_1710.jpg

かなり良い運動になりますね。

そして!

楽しみはここなんです!

3人ではーい、カンパーイ(笑)

DSC_1711_20160719071539cdf.jpg

キンキンに冷えた恒例の

ノンアルコールビーーーーール(笑)

体に染みるわ~~~。うまい!
一気に半分ほど飲み干します。

海も荒れないし、
だんだんと夏の海って感じですね。

魚も夏休みに入りそうな感じです。
そうは言いながらもhojoさんのみしっかり
釣果出てましたが・・・。

う~ん、ソイ釣りたいな・・・。
噴火湾でも行こうかな・・・。

DSC_1712.jpg

でも、久々に北方面来たな・・・。


テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  マッカ岬  増毛 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ