需要

今週こそはブリを確保したい!

IMGP5606.jpg

7月に入っちゃいましたね~

釣り場も日本海から太平洋の方へ
移行してる感じでございますが、

そ、そう言えばまだブリ釣ってないんですよね~

なんか今年はブリに見放されてる感じですね(^_^;)
何とか釣らねば!

という訳で今週も先週リベンジ誓った
ブリキンさんとブリ狙いでございます。

先週バラしたポイントに早朝に行ってみると・・・。

な、なんと車が3台も止まってます。
一人は港内で投げ釣りをしてましたが、

ブリキンさんと最近ご一緒が多いたぬきさんが
港内で釣りをしていた釣り人に尋ねると

どうも5人ほどが30分ほど前に
岬に向かっていったとのこと。

あらゃ、らゃ~~
先に5人も入ってたら場所がないわ~

今年はホントブリ狙いの釣り人増えましたね~。
週末はどこも満員御礼でございます。

場所取りから入らないと
場所が確保できない状況です。

こんな時は平日に行くしかないよね。

という訳で、人気ポイントワッカケ岬も
車が止まっていたので、

3人で向かいの烏帽子岬目指すことにします。
幸い釣り人は居なさそうです。

暗い中、キャップライト着けて岬先端目指します。
到着する頃にはちょうど夜も開け始めます。

時期も時期ですから風もなく
波も穏やかな条件でございますね~。

IMGP5605.jpg

IMGP5607.jpg


早速、準備済ませてキャスト開始です。

今回はジギングロッドのみ持参で、
リールもラインシステムもブリ仕様です。

さぁ~どっからでもかかって来い!!!(笑)

やっぱ磯の朝は超気持ちいい~~

先週はもじりが随分見えましたが、
今週は見えるかな。

黙々と60gのジグをキャスト繰り返します。
ショートピッチで誘ったり

リフト&フォールで誘ったり
ロングジャークで誘ったり、変化付けながら誘います。

と言うか疲れるので、
変化つけないと続けて振れないのもあるけど(^_^;)

すると、目の良いぶりきんさんが
「なんか、沖の方で湧いてないです?」

と言うのでその方向見てると確かに湧いてます。

あれ?近づいて来るんじゃない??

まさにブリのもじりが近づいてきます!

おー興奮しますね~~~~~

小魚が追われてジャンプしてるのも見えます。
おっしゃ、もじりめがけてキャストーーー!

届くところでもじるもじる。

一生懸命振るも、3人ともヒットしません。
群れも湾の奥まで入り込んでるのが見えます。

喰わない・・・。(^_^;)

居るんだけど喰わんのです・・・。

いや、喰わせれないんです。

黙々と3人でキャスト続けますが、
そのうちもじりも見えなくなり・・・。

疲れも出てきて、休み休みになりますが、
振らないと釣れないし、振っても釣れないし(^_^;)

先のワッカケ岬にも5人ほど
釣り人も見えますね。

天気も良くって風も弱くって
気持ちいい朝なんですが・・・。

場所移動しましょっか??
時間帯も良くないですが、

移動でもしてやらないと
気持ちも続きませんね。

漁港で深みのあるところなら
もしかしたらまだチャンスはあるかもしれません!

基部の駐車スペースに着いてみると
続々と帰る釣り人達ですね。

時合も終わった感じですかね(^_^;)

防波堤を歩く帰りの釣り人に
釣果尋ねると、

朝で全体で3本、ヒラメも1枚上がったとのこと。

釣れるかな~

一応、3人で再びロッドシャカシャカ
振り始めます。

IMGP5608.jpg

IMGP5609.jpg
▲血抜きの後です。コウナゴもありますね。

なんか釣れる感じがしない・・・。

疲れもあって休み休み振りますが・・・。

や~めたっと(笑)

ただ、やっぱりおさまりませんよね~。

そして、今度は翌朝に再びブリキンさんと
リベンジのリベンジのリベンジです(笑)

初めは磯に入ろうと思ったのですが、
前日早めに入ってたブリキンさん

情報で今度は車が7台も止まってたということで、
車が少なかった同じ漁港でやることにします。

暗いうちからポイント向かい、
ロッド振り始めます。

ヒラメも釣れたということだったので、
テールにもフック付けた夜光系のジグで

ボトム取りながらリフト&フォールで
探りいれます。

すると数投目、
なんと本番前に根がかりでございます。(^_^;)

完全に砂地と思ってたのですが、
所々根がありますね・・・。

前日は風が少しあったのですが、
今日は風もなく気持ちいい朝でございますね。

波もなく、明るくなってくると
潮目も見えています。

IMGP5610.jpg

明るくなってからはブリを意識して
シャカシャカジグを振りますが、

中々ヒットしませんのよね(^_^;)

すると遠くで一人ファイト中の釣り人見えます。
ヒットしたんでしょうね。

IMGP5611.jpg

釣れない皆さんの注目の的でございます。

一人タモ入れで無事確保できてた様子です。

よっしゃ、もじりこそ見えないけど、
居るには居るようです。

ジグも色々ローテーションしながら
探りいれますが、こちらにはヒットしない(^_^;)

ブリキンさんも苦戦してますね。

時間帯も3時半から5時ぐらいまでが
チャンスと思ってたので

段々と時合も過ぎていきます。

ツレネ(笑)

ちょっと先端に移動しましょっか。

二人で先端に移動しますが、
時合も過ぎていますので、

やっぱり釣れる気がしません(^_^;)

少し振りますが、波も穏やかで、
かなり透明度も高く、魚の気配感じません。

漁の船も近くで何艘も止まって何か作業してます。

見てると大きな船も岬の先端近くで
止まってるのが見えますね。

なんの漁をしてたんでしょうかね。

これじゃ平日にでも
リベンジのリベンジのリベンジのリベンジの・・・(笑)

するしかないよね。

噴火湾に移動するか
再びブリを狙うか、来週はどうしようかな。
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  ブリ  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

疲れた体に鞭打って雨の中、ブリ狙い・・・。

IMGP5601.jpg

なんとボーズをくらって
やりきれない気持ちでいっぱいでした(笑)

自分としては珍しく車中泊でしたので、
体力的にはちょっときつかったのですが、

眠気よりやる気の方が優ってました(^_^;)

夜中に出発して現地には3時ころ到着です。

しばらくしてブリキンさんも到着です。
二人で岬先端目指します。

はたしてブリは居るんだろうか・・・。
不安の中、キャスト開始です。

波はほぼベタ凪。雨も降ったりやんだりと、
雨以外は条件はばっちりです。

潮目もたくさん出ており
雰囲気はバッチリなんですよね~

根掛りを避けてキャストします。
手前は根が張り出してるので、

近くに来たら早めに回収します。

ブリ、居るべかね・・・。

時々会話もしながらキャスト繰り返します。

すると・・・。

アレなんだ??

なんかもじってない???

多分ブリじゃない!

慌ててもじり方向へキャストします。
でも、届く距離じゃないんだな。

ただ、あちこちでもじるので、
時々届くような距離で見えてきます。

もじりの中にジグを打ち込むも
中々ヒットしないんですね(^_^;)

するとブリキンさんが
「キター!」と言いながらロッドが
大きくしなってます!

おーブリが居たわ~~

するとまもなく
「切れたわ~~」ありゃ~~

でも、ブリが居たのは間違いないです!

気合を入れ直してとにかく振るしかないです。

何度かハイピッチで降ってると・・・
途中、ジグが止まった感じです。

あれ、ロッド立てると・・・
グングン刺さり込む感じが手元に伝わります。

今度は俺だわ!「キター!」(笑)

ジリジリドラグも出ていきますね。
ロッド立てて、引きの合間に必死に
ライン巻きとります。

ヒットレンジは底近くで、
巻いてきて中間ぐらいでのヒットです。

ブリキンさんも同じく割と手前でヒット
したと言ってましたね。

ブリキンさんもタモを片手に
待機してくれてます。

こりゃ頂いたね(笑)

が!!!

ぷっつーん・・・。

痛恨のライン切れでございます。

そこの方でヒットして、
かなり抵抗されたので、

引き寄せた時に、ラインが根で擦れて
切れたようでした・・・。

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

でも、久々のブリの感触が味わえて
気持ちよかったですね~。

時々雨も土砂降りになる中、
その後も二人で黙々と振り続けるも、

その後はヒットなしでございます。

休憩がてら磯の奥まで行ってみると
なんと青い池ならぬ「青い海」です。

綺麗ですね~

IMGP5600.jpg

そこの一部だけ青くなってるんですね。
海底の色なのか海水の色なのか

分かりませんが、不思議な海でございました。

雨がすごくなってきたので
岩陰でブリキンさんの様子を眺めながら

ヒットしないか見てましたが、
結局そこまででございます。

IMGP5602.jpg

今度は確実に取りましょうと
ブリキンさんとリベンジ誓って磯を後にします。

でも、次は確実に取らないとね。

明日でも行ってこようかな(笑)

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ブリ  釣り  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

今シーズン初!ヒラメ&ブリ狙い!

IMGP5512.jpg
▲綺麗な積丹ブルー【帰りに撮影】

IMGP5511.jpg
▲こちらも帰りに撮影

ブリも年々岸寄り早そうな感じですよね~
で、ヒラメも同じような感じでございます。

しかもホッケが岸寄りしないな~
って思ってたらちゃんと来ましたね。

カレイが良かったからヒラメも良いかも
しれないですよね。

まあ、直感以外の何ものでも
ないですけどね。

でも、今年は魚の寄り方が
ちょっとおかしいかもね。

それだけは言えそうですけど・・・。

今週は土曜の夜にちょっと用事があって
行けそうなのが土曜朝まずめだけな感じです。

例によって週末近づくと
天気予報とにらめっこですが、

悔しいことに土曜の後半から
日曜日がめっちゃ条件良くなります(^_^;)

泣く泣く金曜深夜に積丹目指して車走らせます。

風も強めでございますね・・・。

東側は波が無さそうだけど、

野塚抜けて西側に向かうと、
やっぱり波風ありそうですね・・・。

西の河原駐車場に到着すると・・・

爆風でございます。波もかなりありますね。
東の風の予報でしたが、

地形の関係か風がまってるんでしょうね。
波もあるので無理っぽいです。

おすこい神恵内まで動いて
様子をみるもののやはり西側は厳しい感じ。

夜明け前だったので少し待ちますが、
条件良くなるのは予報どおり行けば、

午後からですからね・・・。

そこで思い切って東を向いてる
島武意海岸に移動することにします。

IMGP5513.jpg
▲これも帰りに撮影

すると、どうでしょう!
昨年塞がっていたトンネルも開通し、

トンネル抜けると沖は波がありそうですが、
岸はなんとかなりそうです。

風も弱そうです。

だけどね・・・。春のタケノコ岩で
いい思いしたことないんですよね(笑)

まあ、やるとこないから仕方ないんだけどね。

すっかり明るくなった
海岸に準備済ませて向かいます。

IMGP5501.jpg

IMGP5502.jpg

釣り人誰も居ませんって言うか
釣れない雰囲気いっぱいでございます。

まずは、激闘ジグ40g赤金振ります!
ヒラメも意識しつつボトム意識しながら

誘いますが、なんと二投目であたりが・・・

IMGP5503.jpg

巻き寄せますがかるーございますね(笑)

なんとホッケでございました。
ホッケまだ居るんですね。

やっぱり今年はなんかおかしいですよね。

IMGP5507.jpg
▲逆光で見えませんが奥に釣り人の姿も。

結構、ホッケも釣れるのかなと思い、
溜りでキープするも
その後まったく反応ないです(^_^;)

もしやワームに切り替えたら、
ホッケいっぱい掛かるかと思い方々キャストするも

ガヤが一回ヒットするのみ・・・。

IMGP5505.jpg

ヒラメでも掛からないかな~って
思いながら誘うも、
コツコツ小さなあたりあるのみでございますね(^_^;)

再びジグに持ち替え、少し粘ってキャスト続けます。
すると再び小ぶりなホッケが掛かります。

IMGP5506.jpg

やーなんかキープするのも中途半端で
ございますね。

再びホッケ祭りの始まりかなとも思い、
キープするもそれっきりでございます(^_^;)

最初のホッケ含めてリリースですね。

そしてさらに粘ります、粘ります、粘ります・・・。

やっぱり飽きます(笑)

ツレネ!

やーめたっと(笑)
かなり時間早かったもの終漁と致します。

IMGP5508.jpg
▲こいつがタケノコ岩ですね。

早めに帰宅だったので、
余市の柿崎商店寄ったら、

な、なんとクロゾイがひと箱500円!
思わずバイトしてしましました!(笑)

中見ると25センチほどと小さいのですが、
15匹も入ってるんです。

昆布も買って昆布締め作ります!

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  ホッケ  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

行ってみたかった秘境・・・帆越岬。

IMGP5489.jpg

いやー行ってみたかったですね~
この時期、産卵も終わって大型の

ソイがまだ岸近くに居るはずです。

過去、この大成地区の海岸で、
釣り大会などでは、マゾイやクロゾイ

の大型が釣られた実績も多く、
一度は竿を振ってみたかったです。

たまたま先週ポッキーK氏とランチを
食べてた時に、

「デカゾイ」釣りたいね~などと
話していた時に、

「デカゾイなら帆越岬だよね~」
と話題にしておりました。


「でも、行くなら今時期だよね!」
「じゃあ行きますか?」「行きましょう!」

という話になり、週末に向かうことにします。

でも、やっぱり遠いわ~~(笑)

片道5時間は掛かりますからね(^_^;)

今回は熊石側から入釣します。
-- 続きを読む --

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  帆越岬  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

GW第三弾!クロゾイいざ、リベンジ!

IMGP5419.jpg

前回の釣行ですっかりクロゾイ釣って、
アクアパッツァに刺身を喰えると思ってたので、

拍子抜けでございました。

悶々とした一夜を過ごして、
既に心は石狩の沖防波堤に向かってました。

ちょうどタイミングよく釣友S氏が、
東京から帰札しており、

すかさずLineを送って石狩沖防波堤に
渡りませんか?とお誘いしました。

渡しの場合、ある程度人数を集めないと
ならないので、朝から昨日ご一緒の

ジャンバタさんやら数人に声を
お掛けさせて頂いておりました。

その中で乗ってきてくれたのが・・・。
あれ?ハンドルネーム何だったけな(笑)

女性アングラーMちゃん!

それと、これが偶然朝にゴミを捨てに
行こうと家を出たところ

タイミングよくお隣の釣り師さんとばったり。
お誘いしたところ、行きますとのことで、

結局、4名で渡ることになります。

渡しの船はいつものたつみ丸さんです。

渡しの時間は少し早い午後3時。
釣りの沖に向かう途中に降ろしてもらい、

帰りの上がりの時間に向かいに来てもらいます。

という訳で、明るい時間帯から実釣開始です!

IMGP5425.jpg

釣友S氏は赤灯台のステージに上がり、
カレイを釣りたいらしく投げ釣りです。

IMGP5423.jpg
▲久々の釣友S氏

他はもちろんワームで狙います。

一年ぶりか、二年ぶりの石狩沖防なので
ちょっと思い出しつつ探ります。

ロッドは二本用意し、一つは手前を探り用で
もう一本は遠投を掛けて遠くに居る

ソイを狙うように準備です。

まずは8.3フィートのロッドに
白のパルスワーム、シンカーを4号のテキサスで

防波堤手前を探ります。

IMGP5422.jpg
▲お隣釣り師さん

風向きも幸いほぼ背中からで、
探るには支障無さそうな感じです。

ただ、潮の流れがキツく、
左から右に強く流れてます。

4号シンカーでも底を取りにくい感じです。

でも、沖防はやっぱ深いですね~

お隣釣り師さんは防波堤の切れ目まで
探り歩いています。

女性アングラーMちゃんはほぼ一箇所で
動かず探ってますね。

IMGP5421.jpg
▲女性アングラーMちゃん

私も防波堤の切れ目まで探りますが、
あたりはございません(^_^;)

お隣釣り師さんに釣果尋ねると
同じようにあたりもないとの事。

そこで今度は灯台側に戻りながら探ります。

真下に落としたり、
斜めにキャストしたり、正面にキャストしたり・・・。

するとようやくあたりが出始めます。

そろそろアブあたりでも釣れ出すかな~

ちょうど女性アングラーMちゃんの
ところまで戻って話を聞くと

アブラコをバラしてしまったとのこと。

そろそろ出てもおかしくないかな~
そんな話聞くと期待が膨らみますね~。

そして再び反対側へ移動しながら
沖目にキャストし

ボトムを意識しながらゆーっくーり
スイミングさせてると・・・

ゴン!とあたりました!

乗りましたね~~
しかもかなりの重量感です。

しかもタモを最初の場所に置きっぱなしです(^_^;)

Mちゃんが気がつき、
傍にいたちょうど上がってきた

釣り師さんにタモをお願いしてくれました。

魚が見えたとき一瞬抜こうかと
思いましたが、

その釣り師さんが駆け寄り
タモを入れてくれたので

そのまま上げて頂きました。

デカイです!
久々ののっ込みのスポーニングですね。

図ると45センチの良型でございます。

IMGP5426.jpg

やったー\(^o^)/

重かったもんな~~

IMGP5427.jpg
▲久々のニコパチ。我ながら笑顔が不自然(笑)

すっかり気を良くして続けてキャストします。

明るい時間帯でしたが、
もしかしたら続けて出るかもしれない。

少しづつではありますが、
釣り人も増えてきたので、

最初の場所付近であまり動かず、
探ることにします。

期待の夕まず目日暮れタイムも近づきます。

出るかな~出るかな~

緊張感持って探り続けます。

陽もだんだんと落ち始めます。

潮の流れも逆になり始めた頃に、
あたりも出始めます。

潮の流れも弱くなったので、
シンカーを3号まで落とします。

テキサスだと乗らなくなってきたので、
ジグヘッドの10gにチェンジして探ります。

すると乗り始めますが、
型がイマイチでございます。

ただ、アクアパッツアサイズの
25~28センチほど
なので一応キープします。

IMGP5437.jpg

Mちゃんも要領分かってくると
ポンポン釣り始めますね。

アブラコの40センチも上げてます。

一応、アクアパッツアサイズを二匹、
刺身用に一匹釣れたので、

大きめのが一匹欲しいところです。

見切られたのか
少しあたりが遠のいたところで、

ワームをグラスミノーミッドナイトグローに
変えてジグヘッドも7gに落とすことにします。

すると1、2投目でゴン!と大きなあたりです!

巻き上げますが、いい感じに重いです!

キャップライトで魚照らすとかなり大きいです!
タモ入れをしてもらい、

上げると37センチの良型でございます!
刺身だ刺身!(笑)

IMGP5439.jpg

これで家族一食分のアクアパッツアと
刺身が確保できたので、

気分は終漁でございます(笑)

それから魚にやる気がないのが伝わるのか、
終了の9時はまだ先でしたが、

全然、ヒットしなくなるのよね(^_^;)

そんな中、一人釣ってたのがMちゃんです。
数では圧倒的に一番でございましたね。

結局、一番デカいのは当然リリースでしたが、
4匹確保して終漁でございます。

当日は帰りが夜中なので、
翌日夜に頂きましたが、

捌いてると一番大きなソイにごまが入ってます(^_^;)

もちろん家族には内緒で
ゴマを避けて刺身をこさえます。

IMGP5445.jpg

IMGP5442.jpg

小さいのはなぜか入ってなかったんですけどね。

あ~ゴールデンウィークもあと二日です。
最終イベント投げ釣り大会も波風微ミョーだわ(^_^;)

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  クロゾイ  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ