需要

天塩港でマガレイ狙い!

IMGP7088.jpg
天塩港、一本防波堤から眺める朝焼け

天塩港マガレイの爆釣れって
一度、体験してみたかったんですよね~。

例年、5月の末ぐらいからの
2週間ぐらいかだと思いましたが、

今回は私より先に「脱サラ」した釣友S氏が
札幌に仕事で帰ってきており、

マガレイ釣りたいという要望があって
行ってみることにしたのですが・・・。

ちょっと遅くね??(^_^;)

当初は日曜に計画してたのですが、
悪天候で火曜日に変更しました。

釣り新にも記事が出たましたが、
掲載されたのが2週間前。

遅いべさ・・・。

ただ、S氏「磯は嫌なんだよね・・・」

実はマガレイの遅場って意外とあって、
今週の釣り新にも出ていた鵜泊漁港とか、

島牧の大平の磯とか、寿都の軍歌岩とか
雷電海岸の刀掛けあたりも遅いですよね。

磯に行きませんか?とお誘いしたものの
確かに以前よりは年齢行って足腰弱ってるから

S氏が事故になっても嫌だし・・・。

ちょうど噴火湾にボートフィッシングに
出かけていたhojoさん達に合流する手も

魚だけ考えればあったんだけど・・・
「投げ釣りしたいんだよね・・・」

って言うもんですから・・・。
(ワガママ言うものですから (^_^;))

俺はどうせ暇だし、天塩まで行ってみましょう!
という事で決まりましたが、

天塩方面の海岸線は大きな街がなくって
意外と早く着くし、

エコドライブで走ると信号少ないものだから
燃費も伸びる、伸びる。

リッター13キロ超えましたね。

まぁ、場所のロケハンできたのは収穫としましょう。

現地に向かったのは前日の夕方でございます。

車中泊を数時間して、
朝マズメからスタートします。

暗い中での初めての場所も
難しいのですが、

なんとかナビを頼りに一本防波堤の
付け根だろうと思われるところで

寝酒飲んで仮眠を取ることにします。

そして、薄明るくなる頃には
車も数台止まってましたね。

ガイド見るとマガレイは6月って
書いてるから釣れないことないだろうけど・・・。

S氏を起こして、
薄暗い中、防波堤先端目指しますが、

IMGP7078.jpg
△車停めた場所はあってました。
ネットで検索した通り、付け根はゴミダメ・・・。

IMGP7080.jpg
△400mって書いてたけどそんなに大きくないです。

既に3組ほどが
外海側に投げ竿出しています。

中間ほどで二人並んで投げ竿セットします。

餌は塩イソメに、
パワーイソメで2本針の胴付仕掛けに

セットしてキャスト開始です。

IMGP7083.jpg

IMGP7090.jpg

先端側に居た釣り人と話すと、
昨夜は波が高く、竿を出せない状況だったとか。

波は収まってたものの、
少しうねりも残っており、少し濁りもありますね。

風も外側正面から軽くですが、
吹いています。

するとすぐにあたりがきました!
おっしゃ、マガレイまだ居たかな!

ただ、巻いてくると、引きがマガレイじゃ
ないっぽい(^_^;)

上がってきたのはグイウーさま・・・。

IMGP7081.jpg

投げなおすも、投げなおすも、

グイウー、グイウー、グイウー
グイウー、グイウー、グイウー
グイウー、グイウー、グイウー
天塩「春のグイウー祭り」(^_^;)


S氏もグイウーに苦労してます(^_^;)

少しするとやってきた釣り人みなさんも
グイウーばかりですね・・・。

そして、この一本防波堤、意外に浅いんですね。

すると遠くの釣り人に
カレイぽいのが掛かるのが見えます。

お、ここのマガレイはもしや
日が昇ってからだろうか???

するとグイウーじゃない感触の
魚がヒットします。

来たか!マガレイ!!!






























カワガレイでございます(^_^;)

IMGP7089.jpg

先端の釣り人の様子探りに行くと
やっぱりグイウー&カワガレイのみでございます。

S氏と顔を見合わせて・・・・・

「止めよ!」ってことで止めにします・・・。

これにて片道4時間、実釣時間2時間の
天塩港マガレイロケハン釣行は終漁となりました(;_;)

多分ですが、マガレイは終わっちゃたんでしょうね。

磯に行けば良かった(;_;)

あまり釣れてないので内容も薄くてスイマセン(笑)

IMGP7091.jpg
△港内側の感じです。
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 天塩港  マガレイ  釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

小樽南南防波堤でマガレイ釣り!

IMGP6945.jpg

小樽南防波堤で型の良いマガレイ
釣れる事は知ってましたが、

何せ札幌圏の釣り場なので週末には
時期になると物凄い釣り人の数になります。

なので、あまり気が進んでませんでしたが
今は平日に時間作れるんですよね~(笑)

少しマガレイの数釣りをしたいな~
なんて考えてたところに、

最近、ご一緒する機会が多かった
お隣釣り師Fさんが、

『そろそろマガレイ
南防波堤で釣れるはずですよ!』

合わせて先週の釣り新聞に
マガレイの調子上がるスカリ満杯の人も!』

と、心揺さぶる記事が掲載されてます!(笑)

よし、樽川埠頭のクロガシラも
まだ消化不良でしたが行ってみよう!

天気予報や波予納見ると
月曜日が波がまったくない予報でございます。

気合を入れて夜中に起きて向かうことにします。
まあ、月曜と平日だし、空いてるべ・・・。

でも、現地には3時着で着いてみると・・・。
駐車スペースには10台ほど止まってます。

ありゃぁ~意外と多いのね~~

急いで身支度済ませて防波堤先端目指します。

ここのマガレイ釣り
先端ほど良いらしいというのは

色々聞いていたので、知ってましたが

慌てて目指すと・・・。

居ますね~、既に4、5人の釣り師さん達。
ちょうど少し空いてたところに

竿をセットします。幸い先端から3人目に
セットすることが出来ました。

とりあえず良かった~~(^_^;)

餌は塩イソメに生イソメ、

アミ姫にあみあみアミーゴも
準備してます。

まずは薄暗いので、
コマセネット仕掛けでチョイ投げで
スタートです。

マガレイは明るくなってからなので
とりあえずは少し遊びながら時間潰します。

予報通りでしたが海面は
ほぼ鏡のような感じでございます。

時々小さなあたりがあって、
あげてみると案の定、小ガヤでございますね(^_^;)

IMGP6938.jpg

しかし風もなく気持ちい朝ですね~~
暗いうちは少し寒い感じでしたが

日が昇るにつれて暖かくなってきますね!

もう、かなり春らしい気温です。

IMGP6939.jpg

釣り人はと言うと案の定次から次へと
やってきます。

皆さん、先端まで来てはいっぱいなので
戻っていきます。

遠めでしたが駐車スペースは満杯、
防波堤は軽く50人は居たんじゃないでしょうか。

IMGP6940.jpg

IMGP6941.jpg

皆さん、平日の月曜なのに、
なんでこんなに居るんでしょうって、
休みの人か引退された人なんでしょうね。

そして明るくなってきた頃から
一本針仕掛けで遠投に切り替えます。

最初の一匹は小型のソウハチでございます(^_^;)

IMGP6942.jpg

IMGP6943.jpg

そして次はギスカジカとマガレイのダブル。
周りも釣れだしてきましたね。

注意して周りを観察しますが、
30センチ近い大きなものも

掛かってるのが見えますね。
やはり一番先端の人が調子いみたいです。

お隣さんはPEラインで遠投掛けてますが、
ダブルで掛かってたりしますね。

IMGP6944.jpg

一方、私は・・・・・。
型がなぜかちいさぁ~~(^_^;)

おっきいの掛かんないわ~~(笑)

色んな釣り人たちの釣れ方見ましたが
どうも距離に関係なく魚は居るようです。

そして気になってたギスカジカですが、
朝のうちは多かったものの

日が昇るにつれて、
マガレイの方が多くなってきますね。

ちょっと明らかに
数が伸びなさそうだったので

ロケットかご仕掛けでアミ姫入れて
二本ともチョイ投げすると・・・

一本目を投げ終わり、
二本目を準備してると一本目のラインがフケてて

巻き上げるとマガレイが着いてる
パターンが5匹ほど繰り返します。

おーコマセってめんどくさいから
あまり使わないことも多いのですが、

IMGP6946.jpg

ちゃんと使えば効果あるね~
これでようやく数のみは周りに追いついたかな
って感じでございますね。

とっても気になってたNHK朝の新しい連ドラ
『半分、青い。』もスマホで見つつあたりも見ます(笑)

それでも10時すぎぐらいからでしょうかね、
あたりも遠くなります。

コマセスタイルも効果無くなってきました。

途中、カレイを入れてた水を交換したり、
陽が時々差す頃には、

かなり暑くなり、防寒着を車に仕舞いに
行きがてら防波堤の様子を見たりと

お昼に近づくにつれ釣果も落ち着いてきたので
そんな時間も潰して過ごします。

今、息子が春休みなので、
昼飯のことやら、家事を全くしてないので

そろそろ戻ろうかな~なんて考えて
カレイの数を数えると11匹だったので

IMGP6947.jpg

ま、終漁としましょう。
ローソクボッケとコマイも釣れたことだしね!

○コ引っ掛け師やら南防波堤で
マガレイを毎年狙ってる釣り人から

色んな話を聞けたので、
もう、小樽南防波堤のマガレイ釣りの
エキスパートになった気分です(笑)

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  小樽南防波堤  マガレイ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

ポン茂岩でカレイ釣り~(まとめ更新)

DSC_3170.jpg

先週は3月にしては珍しく
条件がいい日が続きましたね~

まずは木曜日ですが、
以前からまとめてお休みが取れると言うことで

お隣釣り師Fさんから
カレイ釣りに行きましょうと
打診されておりました。

水曜日に麻生飲み会だったのですが、
なんと木曜早朝が条件バッチシでございます。

寝る暇がございません(^_^;)

ただ、運転もお願いできるのと
なんせ「お隣」ですから

頑張ってさえ起きればなんとかなります。
携帯でめざましセットするも

はるか遠くでアラーム音が聞こえます。
夢の中でなんか鳴ってるな~

なんて思ってました(^_^;)
するとかみさんに「なってるよ!」
と起こされました・・・。

よっしゃ!起きて準備済ませて、
玄関に向かうと

お隣釣り師Fさん準備中です。
「なんとか起きたわ~」という事で
挨拶済ませて向かいます!

今シーズン初の磯でございますね。
気温こそ最高気温はプラスになりますが

流石に早朝はさむーございます((((;゚Д゚))))

先日、購入したネオプレーンの
ウェーダーを履いて磯を歩き始めますが

めっちゃ潮位が低く、
しかも波もないので長靴でも
行けたくらいでございますね。

歩き始めると最初の磯は先客が一名居ります。

DSC_3182.jpg

その先に向かいますが、
なるべくゆっくり歩くも着込んでるので

あ・つ・い・・・。(^_^;)

私は右端に釣り座を構えて準備開始です。
ジャンバーを脱いで

汗をかいた体を磯の風で冷やします(^_^;)

さ~て、久々の磯でございますね~~

超、気持いわ~~

投げ竿、キャストー、気持ちいい~~

投げてまもなく、早々にあたりがあります!

磯を歩き始める頃には
薄暗かったのですが、

投げ終わる頃にはすっかり明るくなってます。

すかさず煽って、
リールを巻き始めます!

久々の投げ釣りは気持ちええわ~~笑

白いお腹が海面に見えてきますね~
抜き上げると25センチほどのソウハチ!

DSC_3171.jpg

ソウハチが釣れる話は聞いてましたが、
今年はソウハチが遅くまで釣れてるようですね。

順調に釣果を重ねるお隣を見つつも
立て続けには中々来ませんね!

DSC_3173.jpg

焦る・・・。

あたりはあるもののすっぽ抜けも多いっす。
すこーし、待ったほうが良いかもですね。

するとめっちゃ大きなあたりです!
すかさず、合わせると間違いなく

乗った感じです!よっしゃでっかいカレイかな。
巻き始めると、重い、重い(^_^;)

魚が中々浮いてこない・・・。

あ、見えました!お腹が白くない!(T_T)

神恵内名物、「ターガーマスク」(^_^;)
しかも、でかいです!

DSC_3172.jpg

30センチはありそうな感じですね。

そして、その後なんとか待望のマガレイもゲット!
明るくなってからは、

マガレイのみで、ポツポツって感じで
釣れてきますね~~

サイズは唐揚げサイズの20センチ
ちょっとぐらいです。

DSC_3174.jpg

ただ、やっぱりあたりはあるのもも、
食い込みが悪いですね・・・。

餌は塩イソメで、
仕掛けは誘導式2本針仕掛けと

胴付1本針仕掛けを使用しますが、
遠投が効く胴付1本針仕掛けに分がありそうです。

すると、再び大きなあたりがあります!
今度こそ大きなカレイ釣れてくれよ~

と、祈りながら合わせると
ずっしりした感触が手元に伝わります。

ニヤニヤしながらポンピング
交えて巻きとりますが、

中々重い感じです。

すると魚が海面に見え始めます。
やった!お腹が白いぜ!

よっしゃ!と気合で抜き上げます!
ありゃ、スナガレイだわ(^_^;)

DSC_3175.jpg

まあ、良しとしましょう!笑

風も強くなり時間とともにあたりも遠く
なったところで10時前には終漁としましたが、

結果、マガレイ3匹、スナガレイ1匹、
ギスカジカ1匹でございます。

DSC_3176.jpg

もちろんマガレイは息子が喜ぶ
唐揚げにします。

パリパリしっぽが美味しいんですよね~
スナガレイはこっこ持ちでしたので

DSC_3183.jpg

煮付けにします。ギスカジカは
大きかったので、味噌汁の具で頂きました!

先週は一回のみの釣行を考えてましたが、
これまたなんと日曜日が条件いいのよね・・・。

風も木曜日より弱いです・・・。
行くしかない・・・。笑笑

釣り人いっぱいだろうな~
なんて考えながら同じくポン茂岩目指します。

今度は真っ暗な中、ポイント目指します。
雪が残ってて歩きづらいですね(^_^;)

日曜日ということもあり
途中の兜の千畳敷やら灯りでいっぱいです。

ポイントが空いてるか不安でしたが、
そこはバッチリ想定の範囲でございます。

今回は胴付1本針仕掛けのみでございます。
餌は同じく塩イソメ。

錘は30号の蛍光赤ロケットタイプですね。

木曜日にマガレイ3匹しか釣れなかったので、
もしや遠目に居るのではという仮定の元、

遠投を意識して狙いますが、
暗いうちはどこまで飛んでるか分かりません!笑

IMGP6789.jpg

投げ終わってキャップライトで
穂先照らしてあたりを確認すると

すぐにあたりがございます。
巻き上げるとしっかりフッキングしてるようです。

抜き上げると20センチオーバーの
ソウハチでございます。

IMGP6788.jpg

やっぱ、薄暗いうちはソウハチさんですね。
そして遠投を意識して再びキャストします。

着底しても少しサビキながら誘いを入れます。

するとまもなく、明確なあたりです。
すかさず煽って巻き上げます。

先程より重量感ありますね~

辺はまだ薄暗い感じです。

ポンピングしながら巻き始めると、
中々浮いてきません。

さっきよりは確実にでかいです。
魚が近寄り、えいやーで抜き上げると

32センチほどのソウハチさん。
まずまずじゃん!

IMGP6790.jpg

マガレイ釣りたいけど、
このまんまソウハチたくさん釣れても
いいっちゃ、良いけけどね!

さらに一匹追加し、夜明け前3匹でございます。

さ、さ、マガレイ、マガレイ!

するとまもなく明快なあたりです。
巻き上げると海面に白くない魚が見え始める(^_^;)

でた~神恵内名物「タイガーマスクぅぅぅぅぅ~」(^_^;)
今回は型も小さいので海にお引取り願います。

IMGP6794.jpg

それから方向や距離も意識しながら、
投げ分けると、

マガレイオンリーの釣果でございます。

ただ、やっぱりまだ時期も早いせいか、
あたりがあっても、すっぽ抜けも頻発します。

海水温も低いので低活性なのかも知れませんね。

IMGP6792.jpg

IMGP6793.jpg

サビいて、誘って誘ってあたりがある感じです。
すると小さなあたりながら

明快なあたりが来ます。
こりゃ小さいんだろうなと思いながら
煽ると、中々ずっしりした感じです。

そこそこ大きのかなと思いながら
巻き始めますが、これが結構重いっす(^_^;)

ポンピング、リール巻き巻き、ポンピング
リール巻き巻きでなんとか引き寄せます。

魚が浮いてこない・・・(^_^;)

やっと手前まで引き寄せると、
でっかいカレイが見えます!

でっけーーーーー

抜けないようにそーっと磯に上げます!

なんじゃこりゃぁ~
もしかしたらマガレイ自己新記録ですね。

IMGP6795.jpg

身も厚いこと厚いこと。Σ(゚д゚lll)

やはり今回も時間の経過とともに
あたりも遠のいてきたので

ソウハチ3、マガレイ4、スナガレイ1で
8匹キープで終漁でございます。

IMGP6796.jpg

IMGP6798.jpg

朝方は雪もちらほら舞ってましたが、
やめる頃には雪も止んで気持ちのいい朝です。

木曜日は風も強かったので、
釣りにくかったのですが、

日曜日はたいしたあずましい
釣り日和でしたね~~

そして40センチのマガレイは
刺身にしようと思いましたが、

抱卵魚体だったので煮付けで頂きます。
他のマガレイは息子が喜ぶので

IMGP6802.jpg


再び唐揚げです。ソウハチさんはもちろん
塩水に浸けてから干して焼いて食べる予定です。

そして駐車スペースまでの
帰りの道のりですが、

陽も登って暖かくなったせいもありますが、
もう、汗だくでございます(^_^;)

びしょびしょの下着やらを脱ぎたくて、
思わず、すぐそばの「潮香荘」に飛び込みます。

IMGP6800.jpg

IMGP6801.jpg

やったーすぐに風呂に入って
汗まみれの下着から解放される~~

と、脱衣所で脱ぎ始めると、
リュックに入れたつもりのバスタオル、
タオルが入ってません(^_^;)

タオル忘れた~~~(T_T)

どうしよう、濡れた体を脱いだ服で
ふこうかどうか迷った挙句・・・

魚を触ったり、餌を触ってふいた
タオルなら車の中にあるのを思い出し

取りに戻ることにします・・・。
匂いを嗅ぐと「くっせっーーー」笑笑

もう、タオルはそれしかないので、
仕方なく、お風呂場で洗って、洗って

匂いと汚れを落としてから使いましたが、
完全に匂いは消せませんね~~

まぁしゃ~ないわね!笑笑

教訓、着替えの中にタオルは絶対忘れるべからず。
予備のタオルを車に積んでおこう!

と、心に誓ったのであります!

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  マガレイ  神恵内 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

GW第一弾!サクラマス&カレイ狙い!

IMGP5397.jpg

ゴールデンウィーク突入しましたね。
1日、2日休みだと最大9連休です。

例年だとゴールデンウィークって
日本海側はどこも釣り人で満載でございます。

まずは最初の土日ですがどこ行こかな~
なんて考えておりました。

週末の天気予報見ると、
西側が波風立ちそうな感じでございます。

東側しかあずましく釣りできそうにないね。
ならば古平、余市あたりでサクラマス狙って

釣れなかったらカレイもいいな。
なんて計画を立てます。

ただ、波は立たないけど
風が強そうなんですよね・・・。(^_^;)

南の風なので風裏探して
ポイントを絞ります。

行けるのは日曜の朝だし、
どこいっても釣り人多いんだろうな~。

などと考えカレイは二箇所ほどに
ポイントを絞ります。

その前に、前回も様子みた登川河口
夜明け前についてサクラマス狙って見ます。

おや??

着いてみると車が一台もない。
案の定、風裏で波もまったくない。

釣り人が居ない・・・。

いやーーな予感でございますね。

ちょうど夜明け間際だったので
慌てて準備始めます。

すると右海岸に二人ほど釣り人見えますね。

ジグミノーキャスト開始です。

でも、明るくなるの早くなりましたね~~

波は異常な程無いですね。
静か過ぎます。もちろんハネも見えない(^_^;)

釣れる気がしない・・・。

河口導流提に移動して斜めにキャストしたり、
広範囲に探ったりしますが、

静かです。風もなく、波の音もまったくしません。

ツレネ(笑)

30分で飽きます(^_^;)

気持ちはカレイに向かってます・・・。

やーめたっと(笑)

移動します。ワッカケ様子見ますが、
日曜日の割に車の数、少ないですね。

IMGP5399.jpg
▲ちょうど陽が登りました。

烏帽子には釣り人居なさそうです。

結局、しばらく行ってなかった磯に
立つことにします。

ところがなんです、
あれー長靴でも行けたっけな~

と思いながら、スパイクブーツで
海に浸かったところ、

右のスパイクブーツに海水が染みる(^_^;)
穴が空いてるんですね。

少し前進しますが、
あれー長靴じゃ無理だべさ(^_^;)

戻ろうか、進もうか迷いましたが、
どうせ濡れたし、そのまま進んじゃへ!

岬先端に着いた頃には、
両足ともびしょびしょでございます。

スパイクブーツひっくり返すと、
海水がたっぷり出てきますね(笑)

体温で温まるせいか、冷たくはないので
気にせず実釣開始でございます。

IMGP5400.jpg

ただ、岬先端のせいか、
風が後ろではなく、

右からやや強めに吹いてくるんですね。
PEラインだと結構なふけが出てしまします。

ちょっと釣りにくい感じですね・・・。

しかしながら、風で穂先は揺れるものの、
あたりは明快に出るんですね~。

一投目を少しサビいてると、
なんか小さなあたりを感じます。

煽ると魚が付いてる感じ。
巻き上げると少し重いですね。

海面に魚が見え始めましたが、
一匹目はギスカジカでございます(^_^;)

IMGP5401.jpg

二本の竿に塩イソメを着けて、
方向を微妙に変えながら左右に投げ分けます。

何回かさびいてると、
「クイッ、クイッ」と明快なあたりです。

カレイ独特の重くなったり
軽くなったりする巻き感覚です。

間違いなくカレイでございますね。
海面に見えてきたのは25センチほどの

IMGP5402.jpg

まあまあなマガレイでございます。
しかも、オスのマガレイっぽく

お腹というか、お尻から白子が出ていますね。
ちょうど産卵時期がこのタイミング
なんでしょうね。

IMGP5403.jpg

釣った半分以上が同じようなオスの
マガレイでございました。

風が強くなる予報だったので、
足場の低い磯で、波も気になってたのですが

時々、竿立てや竿も波に洗われるように
なってきます。

IMGP5404.jpg

少し、竿位置も移動させながら
さびいたり、投げ直したり繰り返します。

次から次へって感じではありませんが、
飽きない程度に明快なあたりが来て

25センチほどのマガレイのみが掛かる感じです。

そんなに多くはありませんでしたが、
ギスカジカが邪魔するんですね・・・。

IMGP5405.jpg
▲マイクロギスカジカ(^_^;)

途中、マイクロギスカジカも掛かります(^_^;)

一度、大きめのあたりとともに
巻き始めると、結構な重量感です。

上がってきたのは、
本日最大の30センチジャストの
マガレイでございます。

IMGP5406.jpg

10匹釣れたら止めようかなと
思いましたが、時間とともに

あたりも遠くなりますね。

最後にやばいかなと思ったのですが、
同じような一に投げ込んだ、

一本の竿にカレイがヒットし、
巻き上げると、ラインを絡めてぐじゃぐじゃに(^_^;)

片方のラインがダメになっちゃいました(T_T)
すっかり戦意喪失でございます。

IMGP5408.jpg

結局、その一匹を最後に7匹で
終漁でございます。

そして帰りも
スパイクブーツの中を
びしょびしょにしながら戻ります(^_^;)

ズボンの着替えを持ってきてなかったので
余市のラッキーが空くのを待って

スエットとPEラインを買うことに。

そしてポイントカード貯まってたので
こちらも久々に湯の花の手宮殿寄って帰ります。

IMGP5409.jpg

さ~て後半戦はどこ行こうかな。

日曜日は大会だしな~。息子がアクアパッツァ
喰いたいって言うからソイ狙いにしようかな。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: マガレイ  釣り  余市 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

今週はサクラマス&カレイ狙い!

IMGP5361.jpg

釣りイベントも真っ盛りの
シーズンですが、

お魚も狙える魚種もてんこ盛りですね。
カレイにサクラマス、

ホッケも釣れるでしょうし、
イカもそろそろ来るでしょう!

ソイもそろそろのっ込み時期です!

テンション上がりますね~~笑

そんな中、
今年はカレイがなんか凄いです。

特に東積丹側がかなりよさげです。

昔、小樽の沖防波堤や余市漁港
あたりで釣れるカレイって

小さいのが多かったのですが、
今年は型も凄いことになってます。

さて、週末はどこへ行こうかな??

いつものように天気予報とにらめっこ
しますが、波も高いし、

風も強そうな週末でございます。

それでも積丹の東側ならなんとかなりそう・・・。

ん??積丹の東側???

カレイいいんじゃない~~~笑

ただ、週末はどこも釣り人でいっぱい
な気もしますね・・・。

そこでカレイの狙えるポイントを
考えつつ、まずは日曜の朝まず目めがけて

車走らせます。

まずは、夜明け前の一瞬は
サクラマスを狙うことにします。

IMGP5358.jpg

東積丹側は風裏で波も穏やかです。

ポイントに着くとだあ~~れもいません(^_^;)
まだ、釣れないのかな・・・。

少し明るくなるのを待ってると
釣り人と思われる車も一台到着です。

夜明けの一瞬、釣れなかったら
たぶん釣れないだろうと思ってたので、

気持ちはカレイに向かってたので、
まあ、釣れなくても、いいかなぐらいの

気持ちで赤金のジグミノー振り始めます。
川の向こう側にアングラーさん一人見えます。

IMGP5360.jpg

後から来た釣り人も、
ロッド振り始めてますね。

海岸がかなり変わっており、
砂浜がかなり前にせり出し、広くなってますね。

キャスト繰り返しますが、
反応ございません(^_^;)

想定の範囲内でございますが・・・。

30分も振ってたでしょうか、
後から来たアングラーさん見切りつけて
帰って行きます。

今日は気持ちはカレイだったので、
1時間も振らずにこちらも見切りつけて
やめることにします。

はやっ!笑

問題のカレイ釣りポイントですが、
最初の漁港でまずは様子みることに。

車を止めて外に出ると、
ものすごい風です。

ただ、風もやや後ろからなので、
釣りには支障なさそうな感じです。

色々とポイント考えましたが、
先行者も少なそうなので、

しばらく狙ってなかったところでもあるし、
ここで竿出すことにします。

先端を目指して足場のいい
ところを探して準備開始です。

IMGP5363.jpg

ただ、やっぱり風は強いですね・・・。

自作の胴付仕掛けに、
塩イソメを付けてまずは一本キャストします。

もう一本を準備して、
投げ終わり、先に投げた竿先見ると

グングン引いてるのが分かります。

竿持って確かめると
間違いなく魚は付いてますね。

煽って巻き始めるも、
これが結構な重さなんですね!

ポンピングしながら巻いてきますが
ようやく魚が見えます。

かなり大きそうです。

抜き上げて確認しますが、

デカイ!厚い!

IMGP5362.jpg

後で測りましたが36センチの良型。
もしや今日はこんなサイズのオンパレード??

スカリにカレイを入れて、
餌も付け直して期待に胸をふくらませて

すぐさま投げ入れます。

サビいてると再び明快なあたりです。

巻き取ると軽くなったり
重くなったりと、カレイ独特の感じです。

しかし、こいつはちいせぇなってのが分かります。
案の定、小さなマガレイ(^_^;)

IMGP5366.jpg

ガックシです。

でも、小さいのは唐揚げにするので、
大きいのは刺身、小さいのは唐揚げですね。

風も後ろからではありますが、
やや右後方なので、

PEラインだとかなり風にあおられて
糸ふけがかなり出ちゃいますね。

IMGP5364.jpg

風も時々強くなり、
リュックや竿ケースが飛ばされそうな感じです。

しかしながら、
あたりが来ると明快に竿先が揺れるので

確実にカレイのあたりは分かりますね。

入れ食いとはいきませんが、
投げて着底し、あたりが無ければさびいて

探ってると、あの明快なマガレイのあたりがあります。

IMGP5365.jpg

3匹目もリリースしようか迷うぐらいの
大きさでしたが、空揚げ用にキープでございます。

最初の一匹だけ極端に大きかったわ(^_^;)

それでも25センチほどの
肉厚なマガレイも釣れてきましたね。

IMGP5372.jpg

帰って捌いて分かりましたが、
大型のマガレイは全て抱卵ものでございましたね。

なので刺身止めて抱卵ものは全て煮漬けにになりました。

そんな釣れ方が1、2時間ほど続くと、
ぴたっとあたりが遠のきますね・・・。

IMGP5368.jpg

IMGP5371.jpg

お隣にいた釣り師さんも、
朝方。パタパタ釣れてたのですが、

やっぱり同じように釣れなくなってましたね。

IMGP5373.jpg


もしや遠くに移動してるのかなと考え、
風がやや弱く後ろからに変わったタイミングで

遠投掛けましたがやっぱりあたりはございません。

他の釣り師さんも先端に移動してみたりと
やっぱり同じような感じでございましたね。

結局、忘れたころに、あたりが一回あって
スナガレイを一匹追加して終漁でございます。

IMGP5367.jpg

IMGP5375.jpg
▲最後にギスカジカのおまけ(^_^;)

IMGP5377.jpg


ちょっと思ったのですが、
ホッケが薄いような気もしますので

想像ですがこの時期同じく岸よりする
ホッケと餌の取り合いがなくなって、

巨大化してベイトのある岸に大挙押し寄せてるとか・・・
想像ですけどね。

結局、捌いてみると36センチのマガレイ
抱卵してたので煮付けで、

小さいのは唐揚げで頂きました~~

IMGP5379.jpg

IMGP5382.jpg

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: マガレイ  釣り  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ