需要

GW第三弾!クロゾイいざ、リベンジ!

IMGP5419.jpg

前回の釣行ですっかりクロゾイ釣って、
アクアパッツァに刺身を喰えると思ってたので、

拍子抜けでございました。

悶々とした一夜を過ごして、
既に心は石狩の沖防波堤に向かってました。

ちょうどタイミングよく釣友S氏が、
東京から帰札しており、

すかさずLineを送って石狩沖防波堤に
渡りませんか?とお誘いしました。

渡しの場合、ある程度人数を集めないと
ならないので、朝から昨日ご一緒の

ジャンバタさんやら数人に声を
お掛けさせて頂いておりました。

その中で乗ってきてくれたのが・・・。
あれ?ハンドルネーム何だったけな(笑)

女性アングラーMちゃん!

それと、これが偶然朝にゴミを捨てに
行こうと家を出たところ

タイミングよくお隣の釣り師さんとばったり。
お誘いしたところ、行きますとのことで、

結局、4名で渡ることになります。

渡しの船はいつものたつみ丸さんです。

渡しの時間は少し早い午後3時。
釣りの沖に向かう途中に降ろしてもらい、

帰りの上がりの時間に向かいに来てもらいます。

という訳で、明るい時間帯から実釣開始です!

IMGP5425.jpg

釣友S氏は赤灯台のステージに上がり、
カレイを釣りたいらしく投げ釣りです。

IMGP5423.jpg
▲久々の釣友S氏

他はもちろんワームで狙います。

一年ぶりか、二年ぶりの石狩沖防なので
ちょっと思い出しつつ探ります。

ロッドは二本用意し、一つは手前を探り用で
もう一本は遠投を掛けて遠くに居る

ソイを狙うように準備です。

まずは8.3フィートのロッドに
白のパルスワーム、シンカーを4号のテキサスで

防波堤手前を探ります。

IMGP5422.jpg
▲お隣釣り師さん

風向きも幸いほぼ背中からで、
探るには支障無さそうな感じです。

ただ、潮の流れがキツく、
左から右に強く流れてます。

4号シンカーでも底を取りにくい感じです。

でも、沖防はやっぱ深いですね~

お隣釣り師さんは防波堤の切れ目まで
探り歩いています。

女性アングラーMちゃんはほぼ一箇所で
動かず探ってますね。

IMGP5421.jpg
▲女性アングラーMちゃん

私も防波堤の切れ目まで探りますが、
あたりはございません(^_^;)

お隣釣り師さんに釣果尋ねると
同じようにあたりもないとの事。

そこで今度は灯台側に戻りながら探ります。

真下に落としたり、
斜めにキャストしたり、正面にキャストしたり・・・。

するとようやくあたりが出始めます。

そろそろアブあたりでも釣れ出すかな~

ちょうど女性アングラーMちゃんの
ところまで戻って話を聞くと

アブラコをバラしてしまったとのこと。

そろそろ出てもおかしくないかな~
そんな話聞くと期待が膨らみますね~。

そして再び反対側へ移動しながら
沖目にキャストし

ボトムを意識しながらゆーっくーり
スイミングさせてると・・・

ゴン!とあたりました!

乗りましたね~~
しかもかなりの重量感です。

しかもタモを最初の場所に置きっぱなしです(^_^;)

Mちゃんが気がつき、
傍にいたちょうど上がってきた

釣り師さんにタモをお願いしてくれました。

魚が見えたとき一瞬抜こうかと
思いましたが、

その釣り師さんが駆け寄り
タモを入れてくれたので

そのまま上げて頂きました。

デカイです!
久々ののっ込みのスポーニングですね。

図ると45センチの良型でございます。

IMGP5426.jpg

やったー\(^o^)/

重かったもんな~~

IMGP5427.jpg
▲久々のニコパチ。我ながら笑顔が不自然(笑)

すっかり気を良くして続けてキャストします。

明るい時間帯でしたが、
もしかしたら続けて出るかもしれない。

少しづつではありますが、
釣り人も増えてきたので、

最初の場所付近であまり動かず、
探ることにします。

期待の夕まず目日暮れタイムも近づきます。

出るかな~出るかな~

緊張感持って探り続けます。

陽もだんだんと落ち始めます。

潮の流れも逆になり始めた頃に、
あたりも出始めます。

潮の流れも弱くなったので、
シンカーを3号まで落とします。

テキサスだと乗らなくなってきたので、
ジグヘッドの10gにチェンジして探ります。

すると乗り始めますが、
型がイマイチでございます。

ただ、アクアパッツアサイズの
25~28センチほど
なので一応キープします。

IMGP5437.jpg

Mちゃんも要領分かってくると
ポンポン釣り始めますね。

アブラコの40センチも上げてます。

一応、アクアパッツアサイズを二匹、
刺身用に一匹釣れたので、

大きめのが一匹欲しいところです。

見切られたのか
少しあたりが遠のいたところで、

ワームをグラスミノーミッドナイトグローに
変えてジグヘッドも7gに落とすことにします。

すると1、2投目でゴン!と大きなあたりです!

巻き上げますが、いい感じに重いです!

キャップライトで魚照らすとかなり大きいです!
タモ入れをしてもらい、

上げると37センチの良型でございます!
刺身だ刺身!(笑)

IMGP5439.jpg

これで家族一食分のアクアパッツアと
刺身が確保できたので、

気分は終漁でございます(笑)

それから魚にやる気がないのが伝わるのか、
終了の9時はまだ先でしたが、

全然、ヒットしなくなるのよね(^_^;)

そんな中、一人釣ってたのがMちゃんです。
数では圧倒的に一番でございましたね。

結局、一番デカいのは当然リリースでしたが、
4匹確保して終漁でございます。

当日は帰りが夜中なので、
翌日夜に頂きましたが、

捌いてると一番大きなソイにごまが入ってます(^_^;)

もちろん家族には内緒で
ゴマを避けて刺身をこさえます。

IMGP5445.jpg

IMGP5442.jpg

小さいのはなぜか入ってなかったんですけどね。

あ~ゴールデンウィークもあと二日です。
最終イベント投げ釣り大会も波風微ミョーだわ(^_^;)
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  クロゾイ  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

GW第二弾!クロゾイ釣りたいな~~。

IMGP5410.jpg

GWも後半に入りましたね。

皆さんも家族サービスに
釣りに忙しい頃ですよね~。

そう言う私はクロゾイ釣りたくて、
息子からも

「アクアパッツァ食べたい!」
とリクエストがあったので

余計狙いたいところでございます。

そんな中、どこか日本海あたりで
大きなソイを狙うべく、

同行者を探していると、
再びへたのヨコ釣り北海道日誌のhojoさん

含めて数人が竜ヶ崎に夜釣り
向かうという情報をキャッチ!(笑)

よし、何人か居れば夜釣りも怖くない!
連絡を取りながら現地集合で向かうことにします!

時間的にちょうど夕まずめに時間が合いそうです。

他にもジャンバタさんと後から合流の
シマゾイキラーのIさんの合計4人ですね。

さて、高所恐怖症の私も少しビビる
崖下りから向かいますが、

ジャンバタさんも苦労されてますね。

IMGP5413.jpg

波も風も穏やかです。

まぁ3匹も釣って刺身とアクアパッツァ
作れればいいかな~

なんて、いつもながらの
「捕らぬ狸の皮算用」的な会話で
ポイントに向かいながら盛り上がります。(笑)

基本、砂地の岬ですが、
過去にはその深さゆえに、

大型のソイも出てたりしますので、
期待が膨らみますね~~

IMGP5416.jpg

準備整え、パルスワームに5号シンカーの
テキサスリグでキャスト開始です!

ボトムパンピングしたり、
づりづり引きずったり、

タナを変えてスイミングさせたり、
方向変えたりと探りいれます。

ちょうど陽も沈むタイミングで
回遊ソイがヒットしそうな気配でございます。

あたりがないぞ!!(^_^;)

平盤を移動したり、
ジャンバタさんと様々なポイントも探り歩きます。

hojoさんは最初からハチガラ狙いっぽく、
湾洞の奥の方へ消えていきます。

陽もとっぷり暮れます・・・。

ツレネ(笑)

それでもジャンバタさんが26センチほどの
マゾイをヒットさせてます。

先端、沖目方向が釣れないので、
湾の奥にソイが溜まってないかと思い、

奥に進み探りいれます。

足元に小さなガヤが群れてるのが見えますね。

方向変えて、移動も試みて・・・

やっぱツレネ(^_^;)

これはソイは居ません!!

時間が無駄と考え、
初めにhojoさんに「何時ぐらいまでやります?」

と聞かれ「朝まではやらないけどね」
と答えていたのですが、

とっとと帰ることに(^_^;)

お先に失礼~~とジャンバタさんと
離れてたhojoさんにLineで告げて

ちょうどシマゾイキラーのIさん
と入れ違いで戻ることにします。

これではストレス溜まるので、
翌日、石狩の沖防波堤に渡ろうかと画策します(笑)

続きは追って更新します!

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  クロゾイ  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

息子からアクアパッツァのリクエストが(笑)

DSC_2222.jpg

先週末も気象条件良かったですね~
二週連続かな。

週末はアメ漁でイベントもあり、
天気も良しで釣り人にとっては

最高な週末でございましたね~

と言う私は息子から
「アクアパッツァが食べたい!」と
ずーーーっと言われ続けておりました(^_^;)

そんな時に昨年、よくソイ釣りにご一緒してた
Iさんが、フェイスブックで

羨ましい釣果連発してるんですね。
もう、行きたくてて行きたくて、

いや、喰いたくて喰いたくて(笑)

そこで同じく飲み会ではよくお会いしてた
Iさんをお誘いしてソイ確保に向かうことにします。

噴火湾の漁港に着いたのは日暮れ前の
午後5時半前でございます。

日暮れも遅くなりましたね~。

ソイ釣りも久々でございます。
Iさんもソイだけ狙うのも数年ぶりとの事です。

着いてみると予報通り
無風にベタ凪でございます。

まだまだ寒いですが着込んで動くと
汗をかくぐらいですね。

まずはパルスワーム3.8インチ赤に
ジグヘッドの7gでボトム意識しながら探ります。

IMGP5328.jpg

考えてみると、
昨年のソイ釣りで逆回転してしまった
カルディアのリール使うのあれ以来でしたが

取りあえずなおってましたね・・・。
良かった。

数投目、「こつっ」っとはまった感じ。
はまった感じというのが一番適切かな~

って感じのあたりで、
水温も低いのでバイトも弱く、

ちょうど魚が居たとこに
リグが落ちたんでしょうね。

巻いてもやはり全然暴れません。

抜き上げるとお腹プックリのガヤ
ガヤにしてはまずまずの良型でございます。

DSC_2220.jpg

暗くなってからが本番かと
思ってましたが、

これならガヤバンバン来るのかなと、
思ってたら、それ以降は全然あたりがないです(笑)

DSC_2219.jpg

同じく日暮れ前に、
思いっきりキャストして底を

引きずってると、のっそりとした重みです。

なんだろ~
と思いながら巻いても重いだけです。

魚が見えましたが
大きな口のカジカでございました(^_^;)

DSC_2221.jpg

小型なのでリリースです。

結局明るい時間帯は
ガヤとカジカの二匹のみで。

デジカメを忘れたのに途中で気がついたのですが、
今回はスマホで撮影してます。

足場が悪いので、
途中の画像はありません(^_^;)

暗くなってからは
同じくパルスワーム3.8インチ夜光グローカラー
にジグヘッドも5.3gまで落として探ります。

日が落ちたらバンバン来るのかと
思いきや・・・。

全然、あたりがなくなります(^_^;)

途中、ワームもグラスミノーLミッドナイトグロー
に変えてジグヘッドも3.5gまで落としますが

反応あまり無いんですね・・・。

あれれ??

すると急に横から風が吹き始め、
軽量のリグではめっちゃ釣り難いです(^_^;)

Iさんと相談をして、
風裏になるポイントに移動することにしますが、

見に行くと足場が悪いテトラのため
風も止む予報ではあったので

しばらく港内側でやることにします。

しばらくキャスト続けますが、
やっぱりあたりございません。

我慢しきれず、
少し風がありましたが

外海側で試して見ます。
すると数投目でかなり痩せてはいましたが

クロゾイがヒットします。
よし、これからバンバン来るかなと

思いきや後が続きません。

少し休憩していた同行のIさんも
外海側に移動しています。

少し離れていたので
釣果尋ねると3匹ほど釣ったとのこと。

ポイントかな~
と思い少し移動することにします。

すると小型ではありますがクロゾイ
バンバン掛かり始めます。

でも、全てリリースサイズでございます(^_^;)

そう言えばシマゾイ全然居ないんですけど・・・。

やっとのことで、
再びお腹プックリのガヤがヒットです。

DSC_2223.jpg

この時点でガヤが二匹の
クロゾイ一匹のみのキープでございます。

まずい、アクアパッツァと刺身分が釣れない(^_^;)

風も止むと同時に潮もピタリと動きが止まります。

やべーこれでは釣れないぞ・・・。

その後は移動移動の繰り返しで、
拾い釣り的に探り歩きます。

すると移動するたび
ポツポツ釣れてくる感じでございます。

クロゾイも小型の中から
少し大きなものをキープし、

ガヤも同じくぷっくりお腹の一匹
キープでございます。

クロゾイ二匹か・・・。ん~ん・・・(^_^;)

あまり大きくないので、
あと一匹ぐらいは欲しい感じですね。

離れてたIさんに聞くとそこそこ釣ったと
言うので、では後、クロゾイ一匹釣ったら

止めましょうと言うことで分かれます。

再び移動して、
かなり離れたところで狙ってると

微妙ではありましたが
キープサイズが釣れたので終漁といたしました。

DSC_2224.jpg

結局、ガヤを3匹、クロゾイ3匹でしたが、
後で分かりましたが

ガヤは全て抱卵ものです。
噴火湾のガヤの抱卵はこの時期なんですね。

クロゾイもう一匹ぐらい
欲しかったですが、まあいいでしょう。

クロゾイはもちろんアクアパッツァと刺身。
あらはあら汁で頂きます。

ガヤは帰りの車の中で、
干して喰うか、唐揚げにするとか

色々話してましたが、
抱卵してたので結局全て煮付けにすることにします。

久々のアクアパッツァで息子も満足しておりました。
やっぱ、刺身は少なかったな~(^_^;)

IMGP5334.jpg
▲息子待望のアクアパッツァ(笑)
IMGP5333.jpg
▲クロゾイの刺身、ちと少な・・・。
IMGP5335.jpg
▲ガヤの煮付け。こっこがいい感じです。
IMGP5340.jpg
▲アクアパッツァの残り汁でリゾット

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  クロゾイ  ガヤ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

今週も様似漁港へソイ狙い!

IMGP5101_20161025054700f63.jpg
様似漁港外北防波堤基部の看板

先週は型こそイマイチだったのですが、
まぁまぁの数が出た様似漁港のソイ。

釣れることが分かったので今週はサイズアップ
狙って再び計画を立てます。

北海道新聞社から出ている、
「北海道の港全ガイド」様似漁港みると

外東防波堤の先端付近がクロゾイのポイントと
書いてあるんですね。

前回の釣行は西風を避けて、
ただ闇雲の外西防波堤側の港内でロッド出したら

あんなに釣れるものとは知らず
いい思い出来たのですが、

ガイド見たら当然外東防波堤試したくなりますよねぇ~。

さらに前回は数が少ないのに調理バリエーション
だけ増やしてしまい、

一番食べたかった刺身の数がちょっと少なかったのね。

そんなんで今回は釣れたら刺身オンリーで
食べてくって向かうことにします。

今回はソイ釣りにハマっている、(だよね?笑)
Iさんをお誘いして

長い道中、飽きずに向かうことができます。

また移動時間が日本シリーズの時間と重なっていたので、
ラジオアプリ「raziko」をスマホにダウンロードして

行きすがら聞きながら行きます。
昨日も日ハム負けてしまいましたね・・・。

でも「raziko」って郡部でもかなりクリアに聞こえますね。
Bluetoothでナビと繋ぐと車内のスピーカーで聞けますから

便利なもんですよね。

さて、ちょっと心配だったのが気象条件です。
波はなんとか低かったものの、雨の予報でございました。

近づくとかなり小ぶりにはなってきます。
防波堤の基部に着いた頃には

ほぼ止んでましたが霧雨状ですね。

寒さに雨だとかなりモチベーションも保てないですからね。

車を止めるとなにやら看板が気になります。

「大地の変動が造るマグマの造形」なるタイトルが。
エンル厶岬ってマグマが隆起して出来た岬なんですね。

見慣れぬ石の重なりが見えますが、
明るい時に見てみたかったですね~。

いい時間も過ぎてるので、
急いで支度済ませて防波堤歩き出します。

ガイドでは760mと書いてましたので、
そこそこ長い防波堤でございます。

先端の水深も10m程と書いてましたので期待持てますね。
風も心配だったのですが、

思ったより弱めで釣りには問題無さそうです。

まずは先端目指しますが、
近づくとぎょぎょライトが見えます。

先客がいましたね。どうも投げ釣りをしてるようです。
邪魔にならないように少し距離を置いて

まずは内防側でキャスト開始です。

リグはジグヘッドの7gでボトムの形状確認します。
まずはカウント数えて真下に落としてみますが、

確かに深めでございますね。

キャストして探りますが、潮の流れもあり
7gだとボトム確認しにくいですね。

ワームはパルスワーム4インチです。

際をネチネチ探りますが、あたりがない(^_^;)

根掛りもないのですが、あたりもないです。

テトラ側で試してたIさんは
外側はうねりがあって釣りにくいとの事です。

それでもIさんに小ガヤとドンコが掛かります。

あれ~クロゾイ釣れないべさ・・・。

先端の投げ釣り組がお帰りになった後に、
先端側で探ってみるもののやっぱりあたりすら無し・・・。

ならば、前回良い思いした、
外西防波堤に移動するこのにします。

着いてみると、快適なんですね~。
そんなに気にはならなかったのですが、

それでも西風がやや弱めに吹いてました。
西側だと風裏でたいしたあずましいです。

早速、前回ぽこぽこ釣れた内海側で試します。

ワームも前回は何でも釣れたので、
今回は視認性を考えて超久々にエコギアの

グラスミノー4インチミッドナイトグローで
試していましたが、やっぱり光りますね~。

IMGP5111.jpg

視認性はバッチリでございます。
ただ釣れませんが(^_^;)

ただ、今日はワームがどうこうと言うよりも
明らかに魚が少ない感じです。

粘って小ガヤがなんとか釣れる感じです。

IMGP5106.jpg

やばい、刺身がぁ~(笑)

テトラ側で試すも反応がないです・・・。

そこで多少足場も悪かったのですが、
乗りやすいところを見つけて、

外海側のテトラで試す事にします。
すると2、3投目で20センチ後半のクロゾイ確保でございます。

IMGP5103.jpg

それから小ぶりのも混じりながら、
キープサイズ二匹目をなんとか確保で来ました。

IMGP5105.jpg

ただ、攻めるとどうしても際のテトラに
引っかかってしまい3個ほど立て続けにロストでございます。

時間帯も悪いのかと考えながら、
再び内海側で試すもやっぱり小ガヤしか掛かりません。

先週、あんなに釣れたのにな~。
ステージの上や、内側のテトラ帯も試すも

やっぱり釣れないです。
2匹じゃちょっと少ないかな~。

そこでIさんに苫小牧方面様子みて帰りませんかと
話をしてちょっと遅かったのですが、

切り上げて向かうことにします。

高速を利用して現地には深夜1時過ぎには到着です。

一時間と決めて探り始めます。
Iさんは基部のテトラの際狙いです。

私は防波堤を探りながら先端側目指します。
際を探ったりキャストしたりしますが、

ちっこいソイが二匹ほど掛かります(^_^;)

IMGP5108.jpg

時間も気になり始また頃、基部に戻りつつ
Iさんと合流すると、

小ぶりではあるものの10匹ほど釣ったとのこと。

あら、基部で粘ってれば良かったのね(^_^;)

さすがに眠気も指し始め帰りましょうかと
いう事にしましたが、

Iさんにソイを頂けることになったので、
なんとか差し上げる分も含めて

太平洋の脂ノリノリソイを確保できました。
Iさんありがとうございます。

そして料理のメインは贅沢に厚切りのソイでございます。

IMGP5112.jpg

IMGP5114.jpg

大きめのガヤは煮付けでございますね。

今回は霧雨のため写真は少なめでございます。
ご了承願います・・・。

さて、雪ももうすぐですが、雪降る前に
やっぱり磯に入りたいな~

今週末は天気悪そ~。



テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 様似漁港  クロゾイ  釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

太平洋のクロゾイ、調理編。

やっぱり太平洋のソイは胡麻が入ってないので嬉しいですね。
しかもこの時期、脂ものって美味いです。

久々の太平洋のソイだったので調理も頑張りましたよ。
といっても、同じ料理ばっかですけどね(^_^;)

まずは久々に作ったソイ飯。

IMGP5090.jpg

ソイを塩しておいて、グリルで両面をこんがり焼きます。

IMGP5091.jpg

味付けは醤油のみで具は椎茸にタケノコ入れます。

IMGP5092.jpg

そしてそのままスイッチぽんです。

IMGP5093.jpg

炊き上がったら一度ソイを取り出し身をほぐして戻します。
そして混ぜたらハイ出来上がりですね。

IMGP5097.jpg

IMGP5100.jpg

IMGP5101.jpg

IMGP5099.jpg

他にはアクアパッツァとあら汁と刺身の定番。
型も小さく数も3匹だったのでちょっと料理多くしすぎたので

今度はもう少し数を釣ってきたいな。
次は刺身だけにしよう。

今週も行こうかな(笑)

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  クロゾイ  料理 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ