需要

気仙川河口海岸で今シーズン初、鮭狙い!

IMGP6030.jpg
△夜が明けはじめの気仙川河口海岸の様子

有給消化3週目に入りましたが・・・。

釣りにバンバン行けるだろうなと
思ってましたが、

これが中々用事も重なって行けないんですよね~笑

だだ週末から平日にシフト
しましたので、釣り場は空いててあずましいです。

ただ、釣りだけは別格でございますね(^_^;)

記事は更新しなかったのですが、
7日に登別の様子見に行きました。

まったく釣れてないので、
竿を出さずに結局苫小牧でサバ釣りしてました(^_^;)

で、平日に行くようになって分かったのは
平日なりに不便な点もありますね。

高速料金が高いです(^_^;)

あと、工事が休みじゃないので、
港も含めて入れないところも多々ありますね。

そして今回、気仙川に釣り
行きましたが、早めに行けば空いてましたが

地元ナンバーの車がほとんどです。

さらには引退されたおじいちゃんが多い(^_^;)

俺もあんなふうになるのかな~笑

という訳で、相変わらず前置きが長いのですが、
現地に着いたのは、高速を利用して

3時半前には到着です。

お、車が少ないぞ!!!!

余裕で入れそうです。

高速の最終パーキングでウェーダー履いたり
ある程度準備してたので

さくっと海岸へ降り立ちます。

まずは左岸で準備開始です。

右岸側や黄金ボート側にも少々
アングラーさんがロッド降ってますね。

昨年使ったダイワの浮きを見ると、
傷んでたので、海岸でラインを交換します。

餌はかつおにバナメイエビに紅イカ
用意してたので、イカをルアーに付けます。

ルアーはエンドウクラフトの
サモメタ45gです。

タコベイトと針は自作で小さいのを
付けてます。

と言うのも、遠投性と、
なんか小さいのが釣れるんじゃないかという
思い込みですね~笑

4時過ぎにはキャスト開始です。

誰もヒット見えませんね~
薄暗くてもヒットしますので

かなり集中してロッド振り続けます。

すると次から次へとアングラーさん
現れて海岸は満員御礼でございます(^_^;)

やっぱ釣りは平日でもいっぱいになりますね。

ところ狭しとみなさんロッド振ります。
すこーしづつ夜も明け始めますね。

右見て、左見て誰かヒットしてないか
確認しますが誰もヒットしてません(^_^;)

IMGP6031.jpg

海岸の様子も見えてきますが、
もじりや跳ねも見えないです(^_^;)

気合入れてロッド振り続けますが・・・。

ツレネ笑

だーれも釣れてないです(^_^;)

2時間ほど経ちましたが、
帰るアングラーさんも居ますね。

どうも地元アングラーさんが
多そうだったので、毎日来れるんでしょうね。

実はこの前にお隣のチマイベツ川に
入ろうと思ったのですが、

一度も入ったことがなかったので
勝手知った気仙川に入りました。

そこで、チマイベツ川の様子を見に
移動することにします。

6時半すぎぐらいでしたが、
まだまだアングラーさん居ますね。

IMGP6032.jpg

ちょうど帰ってきた人に
釣果尋ねると朝に4、5本上がってたそうです。

それにしてもやっぱ数は少ないですよね~
気仙川の朝の2時間はまったく

釣れませんでしたから、
それに比べたらいいですけどね。

チマイベツ入れば良かったかな・・・。

連日、ニュースでもやってますが、
がここ数年で漁模様が最低予測らしいですね。

の網にブリがたくさん入ってるんだとか。

でも、それ考えると、
太平洋でもショアブリできるんじゃないかな~

日本海みたく大きな突き出た
磯はないから、大きな漁港の先端でやるとかね。

浦河とか様似あたり釣れるんじゃないかな~

よっし、サバ釣って帰ろ笑

一応、サビキも持ってきたので
サバの様子見に向かうことにします。

まずは室蘭港の様子みると、
西二号埠頭の先端のみサバ釣りしてる人がいて

話を聞いてみると
例年釣れる大型のサバを狙ってるが

小型しか釣れてないそう・・・。
見てるとポツポツって感じです。

そこで白老港に向かってみるものの
新港側は工事中で入釣不可でございます。

IMGP6047.jpg
△カニの脚もげてましたね笑

結局、苫小牧の勇払まで移動しますが、
どん詰まりの岸壁は

大型船が2そうも停まっており、
左側に少々釣り人も居たので

IMGP6049.jpg

まずは様子を見ることにします。
前回よりはペースは良くないものの

ポツポツ釣れてるので
竿を出すことにします。

IMGP6052.jpg

コマセも撒きつつ、ハゲかわサビキ5号で
一本出してみます。

すぐに反応があり、
ダブルで掛かります。

お、今回も数釣れるかな~

なんて思いましたが、
ペースが明らかに前回より悪いです・・・。

近くの釣り人見てても
次から次へとっという感じではなく、

ポツポツ一匹づつ釣れる感じでごじます。

IMGP6048.jpg

これだったら東港の方がいいかなと
思いつつもちょっと粘ってみます。

サビキを変えてみたり錘を
小さなルアーに変えてみたり、

すると一度だけルアーにヒットです!

IMGP6050.jpg

しかもマイワシも一匹掛かりましたね。

DSC_2617.jpg
△これは9月7日の釣果

昼近くになり、
お腹も空いてきたので

飯をコンビニで買いながら、
東港に移動してみることにします。

勇払埠頭では結局、
今回はたった7びでございます(^_^;)

東港に着いてみると
風も強く、釣り人は多いものの

サビキ釣り師、なにも釣れてない感じ・・・。

しばらく様子を見てましたが
眠気も指してきたので

結局、仮眠を取って竿は出さずに
帰ることにします。

は週末より競争率は小さいものの
やっぱり人気ありますね~

今月中にゲットしておきたいな・・・。
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り    サバ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

苫小牧ボートでソイ釣り、メッチャ堪能

IMGP5998.jpg

やー楽しかったな~~~(笑)

考えてみると、石狩の沖防波堤以来、
ソイをまともに釣ってなかったのね。

そんな中、ノースアングラーズの
9月号に苫小牧ボートロックの記事が・・・。

行きてー(笑)

タイラバの記事ではあったのですが、
アブラコもソイ
ウハウハ的な記事でございます。

ソイは絶対太平洋の方が美味いと
思ってるので行きたい気持ちが

かなり増幅していたところでございました。

そこへタイミングよく大麻さんから
連絡があり、以前タマリスクさん

ソイ釣りに行ってたのを思い出し、
行きませんかとお誘いしました。

さらにいくさんをお誘いして3人で
行く予定を立てましたが・・・。

先々週の週末は悪天候で中止に・・・。

そこですかさず翌週に予約をして
先週末にようやく実現しました。

で、気になるタイラバですが、
やっぱり釣れるのかな~

色々と調べてみます。

40グラム前後の重いの使うようですね。
専用ロッドやその引き方から
ローギアのリールが良いみたいですね。

そんなの考えてると
元々ボート用で使ってたがまかつの

岩鬼を手放したのもあり、
ボート用が欲しくなっちゃいます(^_^;)

カレイやサバもたまにボートに乗ったり
してたのでベイトデビューもしちゃおうかな~

で、勢い余って買っちゃいました(^_^;)

DSC_2614.jpg

DSC_2613.jpg

ネットで購入したんですけど、
購入前に釣具店で確認しましたが

届いて触ってみると思った以上に硬い竿
でございましたね(^_^;)

ベイトも今されですが、
ギヤ比やらブレーキやらスピニングで

あまり気にしない要素も多く、
めっどっちって言えばめっどちいです(^_^;)

まあ一応、事前にはネットでもろもろ調べます。

さ、あとは実践のみだ!

次に気になってたのがタイラバでしたが、
ここは少し思いとどまって、

ワームで攻めることにします。

-- 続きを読む --

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ソイ  釣り  苫小牧  ボート 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

平日に歌別漁港へ鮭狙い!

IMGP5981.jpg

釣りといえばえりも町の
歌別漁港はよく釣れる漁港で知られてますが、

如何せん
人気の漁港だけにいつも釣り人が
満載でございます。(^_^;)

しかもこの時期は泊りがけで
港に車中泊して何日も釣りする人が
いるぐらいの人気ぶりです。

確かに数は釣れるようなのですが、
釣り人も多いのが難点でございますね。

週末だと駐車スペース確保するのも
厳しい感じなんですね。

そこで先週カラフトマス釣り
大雨にたたられ、リベンジを予定していた

Iさんと「どうせなら釣りにしますか?」
と既に帰りの車中で場所も決めておりました。

平日ならスペースはあるっしょ!
という訳で夜中の待ち合わせで

早朝目指して向かうことにしましたが・・・。

着いてみて・・・び・つ・く・り(゚д゚lll)

駐車スペースがほとんどありませぬ(^_^;)
しかも外防波堤は曲がり角付近以外は釣り人でびっしり。

なんとか一台分は漁港内に確保し、
外防波堤に向かいます。

先端側は入れそうもないので、
曲がり角付近になんとかスペース確保します。

今回はウキルアーとこの漁港で多い釣り方の
ミャク釣りを試してみます。

IMGP5970_201709030706041d7.jpg

ほぼタコベイトとスイベル、餌の自重ぐらいで
釣るスタイルですね。

以前来た時にほぼこのスタイルの
釣り人にしかヒットしてなかったので

期待しつつ投入します。

で、やっぱり多いのが場所取りなんですね。

ようやく入ったスペースも、
釣りしてないのにロープと自作一斗缶が
置いてありました。

IMGP5975.jpg

一応、お隣の釣り人に、その場所で
釣りしてないのをお聞きしてから始めましたが

やっぱり気持ちは良くないですよね~。

さて、さて釣果の方ですが・・・。

あたりがさっぱりないです(^_^;)

IMGP5974.jpg

一級ポイントで空かずの間の付け根付近で
ヒットしてるのが確認できます。

ミャク釣りの磯竿に小さなあたりがあるぐらいで
ウキルアーも並行してやってましたが

反応ないんですね~。

IMGP5973.jpg

以前来た時に釣れてたポイントが
すぐ隣だったのですが、

同じく4、5本出してるミャク釣りお父さん
にもまったくあたりないですね~

Iさんは外海テトラ側でも試してみましたが
同じくあたりが無いようです。

少しづつではありますが、
帰る釣り人も出始めますね・・・。

やべ、えりもまで来てボンズは辛い(^_^;)

それでも帰る釣り人の中に
を持ってる人もいましたが

それでも全体でも少ない感じです。

人が帰り始めた頃に、移動しましょうかと
先端側に移動します。

しかし、空いてるところに同じくロープや
椅子が置いてますね・・・。

場所取りです。

IMGP5978.jpg

また、お隣の釣り人に確認したところ
少し前に帰ったようだと聞けたので

その場所でやることにしましたが、
やっぱり気持ちよくないですよね(^_^;)

同じくミャク釣りとウキルアーで再開です。

えりもまで来たのでねばんないとね~。

でも、やっぱツレネ(笑)

周りも釣れてませんでしたが、
やっぱり付け根付近で数本上がってるの見えますね。

IMGP5977.jpg
△付け根の一級ポイント

そして最初に居た場所付近でも
ミャク釣りの人にも掛かるのが見えます。

釣りを初めて5、6時間経ちましたが、
全体で10本程出てた感じじゃないでしょうか。



魚の数より釣り人の数の方が圧倒的に多いです(^_^;)

対岸で魚がヒットしてたのが
見えましたが、どうもキュウリがヒットしてます。

時々っぽいもじりやハネも見えるのですが、
ヒットしないですね~(T_T)

9月から漁の解禁ですから、
まだ網が入ってないはずなのですが

やっぱり今年は薄いのかな・・・。

その後ニュースでもやってましたが
解禁日初日が昨年の一割って言ってたから

やっぱり薄いんでしょうね。

ただ、昨年は10月に入っても
採れてたと同じくニュースで行ってたので

チャンスはまだあるでしょう。
8月中になんとか釣りたいとこだわりすぎてました。

そしてお昼近くまで粘りましたが・・・

ツレネ(笑)

折角遠くまで来たのだから、
買い物と温泉は欠かせないので

えりも漁港の直売所寄ってみるも、
目当てのつぶが一個650円とかなりお高め・・・。

Iさんも鮭を買おうかと悩んでましたが、
5本ほど並んでいたのが

大きな二本は既に売約済で、
小さな3、4キロクラスが残ってます。

3,000円以上するので結局買わず。

私は冷凍つぶの加工品のみ購入しました。

そして三石まで戻ったところで
国道沿いの加工品直売所に寄ってみると

ちょうど鮭が入荷していて
加工作業の真っ最中でございました。

DSC_2605.jpg

ゆずってもらえないかと交渉したところ
快くOK頂きました。

しかも先ほどの直売所よりもかなり
お安くしていただき、
アラも2セットサービスしてくれました。

全て包丁で細切れまでしていただき、
ありがとうございました。

DSC_2606.jpg

買ったのはIさんでしたが、
僕はアラを頂きラッキーでございました。

これからシーズンは本格的に
始まりますので、少し鮭狙おうかな。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag:   釣り  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

藻興部川河口へカラフトマス狙い!

IMGP5969.jpg

禁断の平日釣行で藻興部川河口へ
カラフトマス狙いに行ってまいりました。

今は禁断ですが今月が過ぎると
禁断ではなくなります・・・。

と言うのもハンドルネーム「サラリーマンZ」
から「脱サラリーマンZ」となり、

禁断ではなく、平日釣行が普通になるからなんです。
ブリキンさんネーミングありがとうございました(笑)

と、その前に先日のハゼ釣り大会の
MFGブログがアップされたので紹介します。

MFG北海道ハゼ釣り大会結果

スコア表も載せてますので
来年の参考にもしてください。

平日となると一気に同行者が少なくなりますが、
これが偶然同じく一足先に脱サラされて

事業を開始していたミスターシマゾイのIさん
に声をお掛けしたところ

経営者権限で休みを取れるというので
幸いにもご一緒することができました。

いつもなら天気予報をじっくり
見るところでしたが、

一日だけの休みということもあり、
テレビの天気予報だけちらっと見ておりました。

午後から雨だったので
午前中びっしりやれたら楽しめるでしょ!

と、たかをくくってました。

たまたま同じ時期に、
同じ独立への道を模索していたIさんとは

行きすがらの車の中では
話も尽きず、先に会社にしていたこともあり

かなり参考にさせて頂きました。

もちろん釣りの話でも盛り上がり、
あっという間に興部に到着します。

近づくと鹿がが多いこと多いこと(^_^;)

一度、かなり目の前に現れてぶつかるんじゃないかと
ドキッとしましたよ(^_^;)

まあ、平日だし釣り人も少ないっしょ!
と、駐車スペースに着いてみると・・・。

車が7、8台止まってますね(^_^;)

ところが海岸に目を向けると
そんなに釣り人居ないんですね。

しかも目的の導流堤にはだぁ~れもおりません。

さ、さ、行こう行こう。

慌てて準備済ませて向かいます。

到着は夜明けすぎの5時過ぎには着です。
札幌から高速でちょうど4時間ぐらいでしょうかね。

先端から海面見ますが、
カラフトマスが見えませぬ・・・。

それでも、釣り人は左に4、5名、右にも4、5名
ロッド降ってます。

IMGP5970.jpg

まずは紅イカとカツオを合いがけにして
投入します。

つんつか、つんつか来ますね~。
外道がかなり居るようです。

つんつか無くなってあげてみると
綺麗に餌がなくなってます。

エサは秒殺されてしまいます。
これじゃカラフトマス食う前に餌食にされます。

犯人は・・・後で分かりましたが
グーフーでございます。

仕方なくスプーンにチェンジして探りますが・・・
魚影がまったく見えませぬ。

Iさんはスプーンで通してますが、
あたりはない感じですね・・・。

以前、かなり群れが多い時に遭遇したときは
わんさかいた時もありましたが・・・。

後から来た釣り人が
導流堤から海面を見ていましたが、

数匹見えたと教えてくれます。

河口の奥のプールにはもじりが
見えてたので居るにはいるようですが、

かなり薄い感じです。

ただ回遊魚なので、今、居なくても
後からどっと回遊することだって考えられます。

と、思いながらやってないと
モチベーションが保てません(^_^;)

だれか一人でも掛かるとやる気も出るのですが、
1時間ほど経過するも誰もヒットしません。

すると雨がぽつらぽつら落ちてきます。

気のせいか河口の流れ込みが、
どんどん、どんどん太く、流れも強くなってきます。

あれ~雨は午後からだよな~
なんて思いながら海快晴見てみると・・・。

あれ、雨の予報だわ(^_^;)

戻ってカッパ着て戻ってくると・・・。
ザーっと本降りに・・・。

Iさんはカッパ持ってきておらず、
びしょ濡れのままロッド振り続けます。

釣り人も一人、二人と帰り始めます。

気がつけば海岸には我々二人っきりです。
幸い気温は高く、風もないので

我慢できますが、それよりも
雨が降ろうが、槍が降ろうが釣るまでは

帰らないぞ!と言う気持ちのほうが
強いので雨の中ひたすら無言で振り続けます。

土砂降りなので写真もじぇんじぇん撮れてません。

すると雨のせいで流れが太くなった
川にカラフトマスの魚影も見えてきます。

さらに河口にも背びれが無数見えるではありませんか!
よっしゃ、がんばるっぺ!

気持ちも高ぶってきます!
再度、背びれが見えたあたりに

ウキ釣りで餌を投入しますが、
やっぱりつんつかあたりのみでございます。

Iさんのスプーンにグーフーが引っかかり
犯人が特定できましたね。

土砂降りの中、ロッド振り続けますが、
今度は雷が聞こえてきます・・・。

こりゃロッドに雷落ちたら
しゃれにならんわ・・・。

やめましょっか・・・。
時間にして3時間もロッド降ってません(T_T)

泣く泣く撤収でございます。

悔しー

もちろん帰りの車の中でリベンジを誓い、
再び平日釣行企て、

お土産にいちご大福買って帰路に着いたとさ!

めでたしめでたし。

いやーめでたくないわい(笑)

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  カラフトマス  興部 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

マルキユーハゼ釣り大会終了いたしました~

IMGP5933.jpg
▲人工エサセミナートークショーの様子。

ハゼ釣り大会が終了しました!

今回は一人三役で忙しいこと忙しいこと(^_^;)

と言うのも本来であればMFGの北海道
投げ釣り部門の副会長を

務めさせて頂いてますので、ハゼ釣り
大会のみの仕切りだけなのですが・・・。

思えば今年の2月に某取引先の人と
夜の会合時に釣り好きと言うことで盛り上がりました。

「実は僕がMFGと言う団体の投げ釣り部門
副会長を務めさして頂いてまして・・・」

ハゼ釣り大会を手宮店駐車場をお借りして
イベント形式でやれませんかね~」

と打診をしたところ10分で話がまとまりまして(^_^;)

その後、あの話はどうなりましたかと
矢のような催促が・・・。(笑)

春には大まかな内容は決定してました。

IMGP5896.jpg

まずは客寄せパンダは必要ですねと。
そこで御大○山大先生に相談をしに行きました。

するとすぐに会長の日野和夫さんを
お呼びになりまして(^_^;)

ちょうど春に行われる
様々な釣具店のフィッシングショーなどで

「釣りガール」がたくさん参加しておりました。
こちらのリクエストは「喋れること!」

こちらはトークショーで一般人も
呼べないかとの思惑からその中で

○っぴはどうだとか、○べ○ぎさはしゃべれないとか、
阪本智子は喋れるしいいぞと、

ご推薦いただいた上に、
シマノと契約があるため、

シマノの担当者にその場で連絡していただけました。
○山さん、ありがとうございました。

そしてシマノの担当者経由で
阪本智子さんのマネージャーさんを紹介いただき

電話で交渉開始でございました。

その後、何度かのやり取りの中から
阪本智子さんの釣りイベントの出演が決定しました。

そうなんです、もう一つは本業の顔なんです(^_^;)

IMGP5892.jpg

そして釣り人のために、
イレクターパイプを使った車内の使用例や

ロッドスタンドワークショップ、
更には釣具のアウトレッド品販売も加わり

IMGP5889.jpg

IMGP5903.jpg

釣りイベントらしく仕上がりました。
当然、告知もしますので、

なんとか参加者も増えて欲しいし、
一般客も来て欲しいですよね~~

そのかいあってか、32名もの参加者が
集まりました。

そうなると当然ながら
当日も立場的に盛り上げないといけませんし、

記録写真も撮らないとなりません。
結果も各媒体社へ記事も載せてもらいたい。

釣り新は○木田記者が来ていただけることに。
ノースアングラーズは・・・。

誰も行けないので○島(私の本名)さん
写真撮って取材お願いします・・・。(^_^;)

これで当日は三つの顔が出来上がりました(;_;)

そして展示車のディフェンダーをご協力頂いた、
以前の会社の同僚にも感謝ですが、

前日の仕込みから奥様には来ていただき、
当日もありがとうございました。

おかげさまで天気も良すぎて、
日に焼けてしまい、顔と腕が異常に赤く・・・。

事前の会長とに打ち合わせから、
景品の準備、

前日の坂本さんとマネージャーさんとの
打ち合わせ、

当日の運営などやってみて分かったことも
かなりありましたね~。

IMGP5899.jpg

IMGP5962.jpg

来年は実施することが出来たら、
もっと楽しく、素晴らしい釣りフェスタに

したいと思っています。

大会の様子はMFGのブログの方で詳しく
書きますので、書きましたら

こちらでも紹介しますね。

そしてご近所の釣り師の皆さんも
参加いただきありがとうございました~。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ハゼ釣り大会  ハゼ  小樽 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ